05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

猫まみれ展に行ってきたにゃー 

やっと尾道市立美術館の猫まみれ展に行ってきました。
週末は天気が崩れることが多かったり、他に用事があったりで何とか今日は天気に恵まれたお休みだったので、足を延ばしてきました。
尾道市立美術館のツイッターに、しょっちゅう猫が出てくるんですが、最近そのツイートが話題になっててテレビでも放送されてました(私は見てないですが)
去年の夏に岩合さんの写真展でここを訪れてるんですが、その時は名物の猫ちゃんに出会えず、今日も会えなかったのが残念。
肝心の展覧会は、本当にいろんな猫の作品がい~っぱい。
歌川国芳の作品が結構あったかな。
あと、先日ひろしま美術館で見たレオナールフジタの作品も。
この美術館は、千光寺公園の中にあるんですが、ここが桜の名所でもあって、平日にもかかわらず結構な人出でした。
お花見客やら遠足の学生やら。
この春は天気が悪いて寒い日が多かったので、今日はとってもいい花見日和でした。
ちょっと暑かったけどね。
美術館に遊びに来る猫ちゃんには会えなかったけど、坂道を下っていたら2匹の猫に出会いました。
1匹は首輪をしたアメショー。
どう見ても飼い猫で、とってもかわいい声でにゃー!と鳴いて人懐こかったんですが、拉致されてしまわないかちょっと心配。
もう一匹はまるまるしたキジ猫。
昔飼ってたチビにそっくりなコ。
猫の街なのに、この2匹しか会えなかったのが残念でした。

Posted on 2017/04/13 Thu. 22:28 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 2

13

ターナー展とさくらコンサート 

一週間前の話ですが、4月1日に広島県立美術館へ「英国ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ」行ってきました。

↑の写真の左下がメインのポスターなんですが、私の大好きなモネの絵です。
右下もモネの絵で、ヴェネツァですね。
この日は、展覧会の初日で、ロビーでコンサートがあったので、どちらかというとそちらがメインで行ってきたという次第。
広島交響楽団のコンミスの蔵川瑠美さんのヴァイオリン、同じく広島交響楽団の首席チェリストのマーティン・スタンツェライトさんとピアニストの野村涼子さんの3名のアンサンブルでした。
1時間ちょっと、なかなかのボリュームのコンサートで、これを無料で聴けるとは何て贅沢なひと時なんでしょう。
前日まで天気もあまりよくなかったですが、この日は多少風は冷たかったもののいい天気で、隣接する縮景園の桜も咲いていてそれはそれは綺麗でした。
桜をバックに美術館のロビーで素敵な音楽を聴いて、そのあと素敵な絵画を堪能して、とても幸せで平和な世の中でよかったとしみじみと感じた一日でした。
ただ一つ残念なことは、デジカメの電池の充電をちゃんとしていなかったせいで、あまり写真が撮れなかったこと。(^_^;)
-- 続きを読む --

Posted on 2017/04/09 Sun. 17:12 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 0

09

第368回定期演奏会 

2017年3月18日(土)
広島文化学園HBGホール
指揮者:秋山和慶
クラリネット:ダニエル・オッテンザマー

モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136
モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
リヒャルト・ストラウス:交響詩「英雄の生涯」 Op.40

17029.jpg

この日は、秋山先生の音楽監督最後の定期演奏会ということで、テレビカメラも入っており、NHKの収録もありました。
秋山先生が入場されたときには、スタオベでお出迎えをする人たちの姿も。
前半のモーツァルトは、会場に春を運んできたかのような、明るくウキウキするような演奏。
広響のモーツァルト大好きです。
本当に弦の響きが美しくて、自然と笑みがこぼれてくるようなそんな演奏でした。
クラリネット協奏曲は、ウィーンフィルのクラリネット首席奏者のダニエル・オッテンザマーさん。
お父さんもウィーン・フィル、弟はベルリンフィルのともにクラリネット首席奏者の音楽一家。
親子で世界一流オケの首席奏者なんて凄すぎ!
あまり大きな音ではないんですが、弱音の演奏って難しいと思うんですが、この曲は吹きなれているんでしょうね。
とても楽しそうに演奏されてました。
アンコールは、ご自身が作曲された曲。
お寺で聴いたらよさそうなそんな曲です。

17030.jpg
-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/20 Mon. 21:13 [edit]

category: 音楽

thread: クラシック  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

20

ランス美術館展に行ってきた 

3月18日に、やっとランス美術館展に行ってきました。
フランスのランス市にある美術館の収蔵作品の展覧会ですが、ここにあるランス大聖堂で、洗礼を受けた藤田嗣治(レオナール・フジタ)の作品がたくさん展示されていました。
西洋と東洋が入り混じったような独特の雰囲気の絵画でした。


-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/19 Sun. 20:29 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 4

19

スケートヒロシマ 

とっとと書かないと感想忘れちゃうんですけど、METライブビューイングを見た後、そのまま帰宅するつもりだったんですが、ビッグウェーブで開催されていた、ローカルのフィギュアスケートの試合を見に行ってきました。
広島県人なら知ってるアストラムラインに乗ったのが久しぶり!
あれに乗るのって、ビッグウェーブか旧郵便貯金会館に行くときくらいしか乗らないもの。
そのビッグウェーブも、プリンスアイスワールドに行ったのが最後。
今はなくなってしまったけど、以前は広島公演があったんですよね。
荒川さんが金メダルを獲ってすぐのショーとその翌年に行きました。
かれこれ10年前。
全日本ジュニアのタイトルを獲った、地元の町田樹選手も出てたんですよねぇ。
めっちゃ寒いリンクでした。

で、ツイッターのフォロワーさんも観戦しているということなので、途中からですが最後まで見ました。
入場無料。プログラム500円。
ローカルの大会なので、あんまり有名な選手は出てないですが、過去には町田さんや高橋大輔さん、田中刑事選手や無良選手なども出場したことある大会です。
屋外やロビーで選手たちがアップしてたりと、大きな大会では考えられないほど近くに選手がいる大会でもあります。
全日本の上位に来るような選手たちが出ていなかったのですが、中にはおおっ!と思わせる選手もいて、これはこれでなかなか楽しい大会でした。
何せ無料!来年も行ってみようかなって思ってます。
せっかく地元でみられるんですからね。

しかし、この大会、毎回新聞に実施要項はのるものの、詳細が全くわからない試合。
今回プログラムを購入して、ある程度わかったので、時間も大体読めるかな。
主催の中国新聞社も、もっと詳細な内容を載せればいいのに。
-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/12 Sun. 21:21 [edit]

category: フィギュアスケート

thread: フィギュアスケート  -  janre: スポーツ

TB: --    CM: 2

12

METライブビューイング ロメオとジュリエット 

先月末ですが、METライブビューイングのロメオとジュリエットを見てきました。

指揮:ジャナンドレア・ノセダ 演出:バートレット・シャー
出演:ディアナ・ダムラウ、ヴィットーリオ・グリゴーロ、エリオット・マドール、ミハイル・ペトレンコ
上映時間:3時間15分(休憩1回)[ MET上演日 2017年1月21日 ]
言語:フランス語


-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/11 Sat. 20:59 [edit]

category: 音楽

thread: 音楽  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

11

パイプオルガンコンサート 

2017年3月5日(日)
エリザベト音楽大学 セシリアホール
パイプオルガン:吉田仁美
ギター:上垣内 寿光

J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
     「主よ、人の望みの歓びよ」 カンタータ №147
      「われらが神は堅き砦」 BWV720
       プレリュードとフーガ ホ短調 BWV548
J.ラインベルガー:ソナタ№8より「イントロダクションとパッサカリア」

J.ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
Ch.M.ヴィドール:シンフォニー№6より 1楽章
M.デュルフレ アランの名によるプレリュードとフーガ

アンコール
ピアソラ:タンゴ
ルイ・ヴィエルヌ:ウェストミンスターの鐘


-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/05 Sun. 22:40 [edit]

category: 音楽

thread: クラシック  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

05