08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

Friends on Ice ウッ!の続き 

急にアクセスが増えてると思ったら、みんな大ちゃんで検索してきてたのね。
それなのに、そっけないレポですみませんね。
今日は、久しぶりに関東のお友達とランチして、早めにホテルに戻ってクールダウン中。暑すぎて観光する気もおきない。昨夜の睡眠時間が3~4時間程度なので眠いし、このまま寝てしまいそう。

では、簡単に昨日のレポ。順不同。
昨日も書いたけど、個人的によかったのが高橋大輔、シェイ=リーン・ボーン、佐藤有香、パン・トン、田村岳斗の女装プロ、本田君のしっとりプロ、クーリック。

第一部はまだ会場が温まってないせいもあって、観客もおとなしめかな?って感じだったけど、第二部は大盛り上がり。アイスショーでこんなに爆笑するとは予想もしてなかった。

ボーンは1部では生歌にあわせてのプロで、スケーティングが全く音がしなくてびっくり。私、彼女の生演技を見るのは初めて。ソルトレイクシーズンのマイケル・ジャクソンのイメージが強すぎて、スケーティングをそこまで真剣にみたことなかったけど、さすがにアイスダンスの選手だけあると今更ながら納得。
2部のキュートなプロも会場を盛り上げる口火を切ってくれて、楽しいプロでした。
この日、会場内にボーンの熱烈な男性ファンがいました。
私も男性なら惚れると思う。

スケーティングの美しさといえば、やっぱり有香さん。実は有香さんの生演技を見るのは初めて。
照明と音楽がぴったりとマッチしていて、幻想的な世界に誘ってくれて、思わず見入ってしまったほど。
彼女のスケーティングならご飯3杯食べられそうなくらい、ほんっとに美しかった。
荒川さんといい、有香さんといい、プロになって驚くほど上達したスケーターですよね。

パン・トンはまじで涙が出そうなくらい素晴らしい演技でした。
以前の彼らのエキシビションはつまらなくて、私はいつもビデオを早送りしてたんですよね。
そんな彼らの演技に感動する日がこようとは。
オリンピックのフリーも感動したんですけどね。(シェン・ツァオ組よりよかった)
田村岳斗も実は生演技を見るのは初めて。と思ったけど、もしかしたらプリンスのショーで見たことあったかな?
彼は現役の時からショー向きの選手だなと思ってたけど、今回の演技を見てますますそう思った。
1部のジャズっぽいナンバーも大人っぽくてよかったし、2部の女装プロも、日本人だってここまでできるんだぞ!というのを見せ付けてくれました。
こういう、おバカプロをやってくれる人が最近少ないので、もっとやって欲しいと思うのは私だけ?イケメンだし、顔の映らない解説をするのもいいけど、もっとショーで滑って欲しいと思った。(現役のとき、しっかりせいっ!と叩いてごめんね)

本田君は1部のアップテンポのプロよりも、2部のしっとりとしたプロの方が彼らしさが出ていて素敵。
特に長くて深い傾斜のイーグルは何度も見てもすばらしい。本田君のイーグルなら、3分間音楽にあわせてリンク内をイーグルだけで滑ってくれてもOK。

一番楽しみにしていたクーリック。1部では白衣装だったせいもあって太って見えたけど、スピードがすごかった。現役の頃は王子プロの方が彼にあってて素敵とおもってたけど、今回は2部の力強いプロの方がよかったかな。
見所はバタフライ。あんな角度で大きなバタフライをするスケーターって今までいたっけ?
金メダリストは引退してもやっぱり素晴らしいわ。

鈴木明子さんは、色っぽいです。あの腰のフリは恥ずかしいなんて思ってるとできないだろうな。
ベリーダンスの先生に指導してもらったそうです。

小塚君は今季のSP。新しい世界を開拓って感じ。彼はいつも上半身が硬いのが気になってたんだけど、だいぶ動けるようになった気がします。滑り込んでいけばいい感じになるかな。
彼は途中でショートサイドの客席に乱入してました。やるな、おヌシ!

ベルビン・アゴストは、まずは日本に来てくれてありがとう!なかなか楽しく美しいプロでした。現役引退するのもったいないんですが。てっきり2プロ滑ってくれると思ってたので1プロだったのが残念。

ライサチェクも五輪後初めてのショー。火の鳥とマイケル・ジャクソンだったんだけど、どうせ見るならラプソディ・イン・ブルーを見たかった。
相変わらず大きくて、狭いリンクで滑ってもらうのが申し訳ないほど。広げた手が、2階席にいる私にまで届くんじゃないかと思ったくらい。(大げさすぎ?)

ミキティのプロは競技プロなんだろうか?何だか不思議なプロ。ちょっと表現するのが難しくて、なんと書いたらよいやら?

高橋大輔は、昨日も書いたとおり今回一番の盛り上がり。ぜひNHK杯で大爆笑してください。ジャパン・オープンではどっち滑るかわからないけど。
いい意味で、うさんくささ大爆発。もう、好きにやっちゃって!!!って感じ。
そういえば、イエテボリに観戦に行ったときに、私の前に座っていた現地のおばちゃんが色物系の演技がお気に入りのようで、高橋のヒップホップスワンや、ホフロワ・ノビツキーの禿山の一夜にスタオベしてたんだけど、きっとあのおばちゃんはこのプロ気に入ると思うな。

そして座長の荒川さん。プロになっても劣化するどころか進化しちゃってるのが素晴らしい。スケーティングは美しいし、ビールマンもできちゃうし。でも、もうちょっと太って欲しい。

これ以外にもグループナンバーあり、キッズナンバーあり、抽選会ありと盛りだくさんでした。
そうそう、ロビーにオリンピックのメダルの展示があって、写真を撮ったんだけど、ケーブルを持ってきてないので帰宅して、確認してちゃんと撮れてたらUPします。

Posted on 2010/08/29 Sun. 18:17 [edit]

category: フィギュアスケート

thread: フィギュアスケート  -  janre: スポーツ

TB: --    CM: 0

29

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form