07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

スーツケースの鍵開錠 

今回のタリン行きには、去年のポルトガル旅行の際にフランクフルト空港で購入したリモワのスーツケースを持っていくことにした。
このスーツケースの鍵がTSAロックといわれるもので、3桁の暗証番号でロックをかけるようになっていて、いわゆる鍵はついていない。
購入したときは暗証番号が000になっていて、私はこのままの状態で日本に持ち帰った。
今回使用するに当たって、ちゃんと暗証番号を設定することにしたんだけど、設定するときにやたらダイヤルが硬くて上手く回らずあたふたしていたら、いつの間にやら暗証番号を設定してしまったらしく、鍵が開かなくなってしまったのだ。
げげげ~~。
仕方ないので、000から順番に1つずつ番号をあわせてみることに。
が、999まであわせたのに鍵はまったく開かなかった・・・。\(◎o◎)/
これを3,4回繰り返したけど、やっぱり開かない。え~~~ん。まだ1回しかつかってないのよ~ん。
とりあえず、TSAの南京錠は持ってるからそっちを急場しのぎで使おうかなとも思ったけど、それもなんだか格好悪いので、仕方なく鍵屋さんに来てもらうことに。

鍵屋さんのお兄さん、TSAロックのことをあまり知ってなくて最初は「おいおい、大丈夫か?」と思ったけど、そこは明日がにプロ、私が書類にサインしているほんの数分の間に開錠してしまった。
ただ、今度はロックがかからなくなってしまったので、鍵の部分をかばんから取り外して詳しく見てもらったら、何と私は001で番号設定をしていたということが判明。
1つしかダイヤル動かしてなかったんじゃん・・・。
でも、どうして開かなかったんだろうなぁ?
自分で設定したらまたミスしそうだったので、お願いして暗証番号を設定してもらった。
で、この料金いくらだと思います?消費税込みで11,550円もしたんだよ~。
あ~、もったいない。これだけあればおいしいものが食べられるのに~~~。
でも、私のあんぽんたんなミスのせいだからしょうがない。

ちなみに、お兄さんが言うには、最近は修学旅行生から呼ばれることが多いとか。
鍵を忘れたとか暗証番号忘れた人って結構多いらしい。
ホテルや空港に駆けつけることも多々あるそうで、今回お世話になった鍵屋さんの本社が大阪なので、関空とかだとすぐに駆けつけますよと言ってました。
日本だとこういった便利なサービスがあるけど、海外だと期待できそうにないので、もしタリン滞在中に鍵が壊れたりしたらどうしよう?といつもどきどきしながら鍵をかけたり開けたりしてたんだけど、壊れることなく無事に帰国できて一安心。
そんなわけで行く前からケチがついてしまったので、イヤな予感がしたんだけどデジカメもすられなかったし、歯も痛くならなかったんでよかった。

前にも載せたことあるけど、これがそのスーツケース↓
rimowa

Posted on 2010/01/27 Wed. 22:31 [edit]

category: 旅行

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form