09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

ポルトガル旅行記 7月20日(月)~21日(火) 8日目&9日目 

いよいよ帰国です。
8時35分発のフランクフルト行きに乗るためには朝早く出発しないといけない。
午前5時に起床して、支度をする。
そのときつけてたテレビで、闘牛をやっていた。
さすが、ポルトガル。
闘牛士はとってもラフな格好で、俳優にでもなればいいのにというようなイケメン闘牛士もいた。
生の闘牛を見たかったんだけど、夜の10時頃から始まるらしいので観に行かなかった。
ちなみにポルトガルの闘牛は牛を殺さないらしい。
↓飛んでる闘牛士。
tv

6時にチェックアウト。リスボンの空港は町中からそんなに遠くなくて、車で20分ほど。
朝早いのでリムジンバスがないため、タクシーで空港へ向かう。
料金は8€ちょっと。リスボンのタクシーはぼったくりが多くて有名だけど、どうやらぼられなかったようだ。10€渡す。残りはチップということで。

空港はそこそこ人がいたけど、そんなに混雑はしていなくて、あっという間にチェックイン終了。
やっぱり2時間前は早かったかしらん?
こじんまりとした空港で、時間まで免税店をぶらぶら。
ここで、旅行中頭痛のため、あえて飲まなかったヴィーニョ・ヴェルデという、ポルトガルだけにしかない微発砲のワインが売られているの発見。
このまま日本へ直行なら買うんだけど、フランクフルトで乗り換えで、ここで没収されたらアホくさいので買うのをあきらめた。
が、フランクフルトでは手荷物の検査がなかった・・・。買えばよかった・・・。

照明が反射して見づらい写真だけど、私が乗ったのがTAP570便8:35発のフランクフルト行き。
airport
飛行機は沖止めだったので、バスで移動したんだけど、飛行機の下でしばらく待たされた。
その間、隣に止まっていた飛行機に荷物を詰め込む作業してた人がいて、その人たちがものすごい勢いで、荷物を手荒に投げまくっていた。
あんなふうに扱われるから壊れるんだな。私の買ったばかりのスーツケースもこんな手荒に取り扱われたんだろうか?

TAPポルトガル航空は初めて乗ったんだけど、機体はボロだった。
客室乗務員も軽食を配ったら、あとは好きにして!って感じで後ろの席で本を読んでた。
まあ、狭い機内でうろうろされても目障りだけどね。
約3時間のフライトでフランクフルトに無事到着。
フランクフルトまでくると、今までほとんど見かけなかった日本人が大量にいた。
すでに日本に帰国した気分だ。

関空行きの飛行機はほぼ満席。
帰りの便も個人モニタ付きだったけど、私は疲れていたのでひたすら寝ることに徹して、使用しなかった。(だから私は飛行機にモニタが付いてなくてもまったく問題なし)
隣に、若いワイルド系のお兄さんが座ってたんだけど、このお兄さん、全然トイレに立たなくて、最後の食事を取ったあとに初めてトイレに立ったのだ。
もしかして、隣に私がいるから気を使ってるんじゃないかな?と思って、私はしょっちゅうトイレに立ってたんだけど、私がトイレに行ったあとも席を立った気配がなかった。
全然飲み物を口にしてないわけじゃないのに、よく長時間もトイレにたたなくて平気だなぁと変なところで感心したのだった。

関空には定刻通り到着。この調子だと、たいてい昼頃には家に着くはず。
関空で新幹線の切符を買ったら、今日は雨のためダイヤが乱れているので、はるかは指定席を発券できるけど、新幹線は指定席を発券できないといわれた。
新大阪駅のホームに到着したとたん、すぐに新幹線が来たので乗り込んだら、自由席は満席。
指定席は空席があったので、車掌さんを捕まえて指定に変えてもらうとしたんだけど、そういう時ってなかなか車掌さんって来ないのよね。
そうこうしているうちに、新神戸で席が空いたのですかさず座る。(ここはおばさん根性丸出し)
あともう少しで家に帰れると思ったのに、実はここからが大変で、岡山駅の手前と広島駅の手前で大雨のため新幹線が動かなくなってしまったのだ。
おかげで、広島駅に着いたのが午後2時頃。
到着が遅れたせいで、特急券が払い戻しになったのはラッキーだったけど、家に着いたのが3時頃。
最後の最後で思いっきり疲れてしまった。
カメラは盗まれるし、何だかいろいろとケチがついた旅行だった。
でも、カメラを盗まれたショックからはとっくに立ち直って、いつか今回行かれなかったポルトに行ってみたいなぁと思っている今日この頃なのである。
とりあえず、終わり。

Posted on 2009/08/28 Fri. 21:33 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 6

28

コメント

 

Katzeさん、お疲れ様でした
最終日ってとっても早朝から大変ですね。
でも、空港までが近いのがいいですね。
タクシーなので坂道歩かなくていいし。
買い物って難しいですよね。アルコールなどはよけいに。
一人旅だと全部一人で判断して一人でしなくちゃならないのが面白かったり大変だったり。
小心者のカンコロには絶対無理ですが、こうして
Katzeさんにくっついて一人旅行の気分を満喫できましたよ。
ありがとうございました。
今回はお食事画像がなかったのが少し残念です。
もうあの豪雨の日からずいぶんたつような気がしました。

URL | カンコロ #v9Sq1C9Y | 2009/08/28 23:54 | edit

 

*カンコロさん
最終日だけは絶対に寝過ごすことが許されないので緊張しました。
早朝だったので道路もすいていたし、あっという間に空港に到着しましたよ。
食事は3食まともにたべてないせいもあって、写真をが少ないです。取り忘れもあったし。
食事よりもきれいな風景の方を載せたいし。
この旅行もはるか昔のことのような気がします。

URL | Katze #- | 2009/08/30 20:44 | edit

いよいよ最終日ですね。 

さいごの日って飛行機の出発時間の事があるから
余り心底楽しめなかったりしますが、早朝の
出発だったんですね。
フランクでの乗り換え時間はかなり待ちました?
それともサクサクだったのかしら・・?

日本に着いてからが台風で一苦労でしたものね。
Katzeさん大丈夫かな〜?と思ってましたが
夜中にならなくてよかったです。
海外に出かけるのは愉しいけど、空港までの
国内移動がおっくうで躊躇しちゃいます。(^^;
かといって近くでも自宅上空をぶんぶん飛びまわ
られても・・と勝手なこと言ってますが。(笑)

URL | ゆぅ #klq26XPE | 2009/08/31 12:29 | edit

 

*ゆぅさん
フランクでの乗り換えは2時間あったので、余裕でした。
飛行機が遅れることもなかったし。
免税店をのぞいて、ハーゲンダッツのアイスクリーム食べて、あとは時間まで待合室での〜んびり。
帰国してからの大雨は台風じゃなくて、梅雨の影響です。
こちらは今年も台風が来ませんねぇ。
別に来なくていいけど。
地方に住んでると、空港までの交通費および宿泊費だけでもばかになりません。
約3万円ほどかかってしまうんで。
地元から出発できる人たちがうらやましいです。

URL | Katze #- | 2009/09/01 20:17 | edit

 

こうやって旅行のことを書き残すと、小さなことまで記憶がずっと残る感じがしますね。
いつかポルトガルを再訪することがあるならば、この記録が手助けになったり楽しみを増やしてくれるかもしれません。

綺麗な風景を見せてもらってうれしいです。
さて次はいずこへ行かれますかな。

URL | シンゴ #cUHsgXGE | 2009/09/02 19:35 | edit

 

*シンゴさん
旅行中は小さなメモ帳を持ち歩いて、暇なときにメモってたんですが、そのメモ帳は過去に旅行したときのメモも残っていて、読み返すと、こんなことがあったんだ〜とすっかり忘れていたことを思い出しました。
情報はどんどん古くなっていくけど、再度訪問することがあったら、多少は参考になるかもしれません。
次回の旅行先は未定ですが、海外旅行に行くと一週間の自宅待機をしなければいけないため、これが解除にならない限り、海外に行くのは考えもんです。しばらく解除になりそうにないので、来年はいけないかも。

URL | Katze #- | 2009/09/03 21:18 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form