09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

ポルトガル旅行記 7月16日(木) 4日目 ナザレ 

この日は、ナザレという港町へ行った。
ナザレへはセッテ・リオス・バスターミナルからバスで約2時間。
私は9時発10時50分着のバスに乗る予定だったが、地下鉄の出口をバスターミナルから一番遠いところから出てしまい、バスターミナルの入り口がわからずうろうろしているうちに9時過ぎてしまった。
そもそも、ホテルを出たのも遅かったがいけなかったのだが。
仕方なく、10時発11時50分着のバスで行くことにした。
バスはナザレ直行だと思っていたら、カルダス・ダ・ライーニャという小さなバスターミナルで一端下ろされ、一回り小さなバスに乗り換えてナザレへ向かった。
ナザレというとひなびた港町というイメージがあったが、この季節は海水浴シーズンで思いっきりイメージが覆された。
とにかく賑やかで色とりどりで華やかなのである。
この景色をみただけで、ナザレを気に入ってしまった。

メインのレプブリカ通り
nazare

レプブリカ通り沿いはお土産物屋やカフェなどが立ち並び、その間には細い通りがいくつもあって、ペンションやカフェなどが軒を連ねている。
写真右側に写っている女性は、全身黒尽くめの洋服で、これはこの地方の未亡人が着る民族衣装とのこと。
nazare

ビーチの様子。絶好の海水浴日和。
このテントのような小屋っていいなぁ。日本だと人が多すぎて邪魔になるんだろうけど。
nazare

ソウザ・オリベイラ広場(多分)
ポルトガルの道路や広場って、どこもこんな模様つき。
nazare

セント・アントニオ礼拝堂。アズレージョがとってもきれい。
ビーチとマッチした色使い。
st.antonio

ナザレはプライア地区、ペデルネイラ地区、シティオ地区の3つの地区からなっていて、観光のメインとなるのがプライア地区とシティオ地区。
上記の写真は一番のメインになるプライア地区。
プライア地区の崖の上にあるのがシティオ地区といって、プライア地区からはケーブルカーで行くことができる。
そのケーブルカー乗り場を探しているときに出会ったのがこちら。
cats
念願の猫とご対面。
足だけ写っているのは、猫の餌やりおばあちゃん。
本当はもう一匹黒猫がいて、全部で3匹のやせこけた野良猫。
このおばあちゃん、多分毎日餌をやってるんだと思う。
餌はキャットフードじゃなくて、普通に人間が食べるようなものだったから残り物なのかもしれない。
すごい坂道のところで、おばあちゃんは杖をつきながら歩いていた。
このおばあちゃんポルトガル語でしゃべっていたんで何を言ってるのかよくわからなかったけど、ケーブルカーの乗り場はここを降りて左に行ったところにあるよと教えてくれた。
ありがとう、おばあちゃん。田舎の人ってやっぱりいいなぁ。
ついでに、同じ場所に犬もいた。
ポルトガルの犬って、飼い犬でも首輪はつけても、鎖でつないでおくということはしないみたいで、放し飼い状態なのだ。日本じゃそんな飼い方をしていると苦情がきそうなものだが、ポルトガルではそんなことはないんだろう。おおらかだ。
僕もご飯欲しいよ~ とでも思っているのか。
dog
ケーブルカーでシティオ地区へ行ってみた。
崖の上にあるので景色が最高によい。
ビーチの様子。
nazare
きれいな海。
nazare

ナザレにはナッツを売るおばちゃんがあちこちにいて、このシティオ地区にもいた。
さっそくおばちゃんに捕まる私。
いくつか試食して、カシュナッツと、名前がよくわからないブラジルのナッツを買った。
このおばちゃん、とっても陽気なおばちゃんで、歌を歌いながらスカートのすそをめくって写真を撮らせてくれた。
このナザレの民族衣装、とっても可愛くて素敵。
ここだと年をとってミニスカート履いてても、全然違和感なし!
このエリアを観光を終わってプライア地区まで戻るときに、私をの姿を見つけたおばちゃんが笑顔で手を振ってくれた。
最後まで陽気なおばちゃんだった。
nazare

ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会
nossa senhora

ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会の祭壇
nssa senhora1

ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会の翼廊。見事なアズレージョ。
nssa senhora2

聖母マリアの奇跡が起こったメモリア礼拝堂
1182年、ナザレの城主が馬に乗って狩をしていたときに崖から落ちそうなり、そのときに聖母マリアが現れ、馬が奇跡的に後ずさりをして助かり、彼が感謝の意味をこめてここに礼拝堂を建てたらしい。
momeria

礼拝堂の内部。かなり小さくて狭いけど、ここもアズレージョが見事。
memoria

礼拝堂近くから眺めた海
nazare

いわしを焼くおじさん
ちょうどお昼時だったせいもあって、あちこちのレストランでこのようにいわしを焼いている人たちの姿が。
町中が焼き魚のにおいで充満していて、日本人にはたまらない。
白いご飯とお茶が欲しいと本気で思った。
でも、私はこの日はいわしは食べなかったけど。
nazare

ノッセ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会前は大きな広場になっていて、その広場の一角にメモリア礼拝堂がある。
広場を囲うような形でお土産物屋やレストラン等があり、私はここでお土産を物色。
私が買い物したお土産物屋では黒い民族衣装を着たおばあさん二人が店番をしているところだったが、こんな高齢になってもしっかりと働いているナザレの女性ってたくましいなぁと思った。
見た目は全然たくましそうじゃないんだけど。

再びプライア地区へ降りてきた。
最近、ヨーロッパではキティちゃんが人気らしい。
nazare

バスの時間まで町をうろうろして、18時40分発のバスでリスボンへ戻る。
バスが10分ほど遅れて、ちょっと焦ったけど。
この日は途中から頭痛がして、薬を飲んだけどイマイチ効き目がなかったため、夕食抜きでとっととホテルに戻って、風呂はいって寝た。

ナザレは期待以上にいい町だった。
今度はオフシーズンの寂れた雰囲気を味わってみたい。
オフシーズンだと、ビーチで魚の干物を並べる景色が見られるということなので、そっちを見てみたい。

Posted on 2009/08/01 Sat. 15:42 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 4

01

コメント

 

かわいい町ですね。
やっぱり坂が、いや、階段があるようですが。
とっても空もきれいですね。すっきり真っ青です!!
洗濯物でさえさわやかですね〜
ビーチのテントは個人で立てて人がいるんでしょうか?
こちらも海も山も真っ青〜♪日焼けしそうですけど、いいですね
気持ちいいです!!
犬も猫も手足が長い〜!!首も長い!!
人はふっくらしてるのにね〜
民族衣装、とてもかわいいですね!!
サービス精神たっぷりなナッツ売りのおばちゃんですね♪
観光客相手なので、この衣装なんですね。
すごく気持ちのいい天気と町教会と礼拝堂で観光気分満喫です!!
今日が一番いいかな〜猫にもあえたし(^^)
頭痛はこのときだけですか?

URL | カンコロ #v9Sq1C9Y | 2009/08/02 22:43 | edit

 

なんだかもう旅行会社のサイトに使えそうな良い写真ですなぁ。
広場の写真がお気に入りです。
ビーチはそんなに混んでなくていい感じ。
katzeさんも泳げばよかったのにー。

ご飯持って歩いて、イワシの匂いだけで食べられそう。
ところで、ここでのお土産は何を買ったのでしょ?

URL | シンゴ #cUHsgXGE | 2009/08/03 06:55 | edit

いよいよ 

ナザレですね♪夏のナザレってこんなに開放的な
雰囲気がするのね!干物がひっそり干してある
オフシーズンとはえらい違いにびっくりです!
あの高台にあった礼拝堂によく登ったなぁ!と
思っていたらケーブルカーがあるのですね。
ケーブルカーに乗るんだったらにゃんこ達にも
会えたのかと思うと大事なものを見そびれた気が
します。(笑)
そうそう、あの広場の模様・・見たことあるわ〜(笑)

URL | ゆぅ #klq26XPE | 2009/08/03 11:35 | edit

 

*カンコロさん
やっぱりこの町も坂道がありました。
ビーチのテントは個人がたててるんじゃなくて、レンタルだと思いますよ。
海水浴に行ったら、日本だと桟敷とか借りられるじゃないですか、あれと同じです。
猫たちは3匹ともやせてました。野良ちゃんですけど、こうやって餌をくれる優しいおばあちゃんがいてよかった。
民族衣装は年配の人たちしか着てなくて、廃れる傾向にあるみたいですけど、こんなに可愛いんだからずっと着ていって欲しいと思います。
実を言うとあのスカート、売ってたら買いたいな思ったくらいなんです。
頭痛は、ほとんど毎日でした。旅行に行くと必ずついてくる頭痛。嫌になります。

*シンゴさん
あまりうまく撮れてないですが、海の色はきれいに撮れてるなと思ってます。
海の写真、かなり撮りました。
ビーチは日本の芋洗い状態とちがって、余裕がありますよね。
泳ぐより日焼けしている人の方が多かったかも。
いわしのにおいはたまりませんでした。
本当に白いご飯が食べたかったです。
お土産は、クロスを買いました。
本当はセーターを買いたかったんですが、デザインがイマイチおばさんくさかったのでやめました。

*ゆぅさん
ナザレのイメージが覆ったでしょ?
私も冬の干物がずらりと並んでいるイメージの方が強かったんで、バスが到着したときに驚きました。
でもね、干物のナザレも見てみたかったんですよ。
哀愁漂って何だかいいと思いません?
日本のひなびた漁村に通ずるものがあると思うんですよね。
ゆぅさんは崖の上に行かなかったんですね。
あの崖の上からの風景は絶景でしたよ。
ナザレはお気に入りの町になりました。

URL | Katze #- | 2009/08/03 22:14 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form