07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

「平和の夕べ」コンサート Stage1 

2017年8月5日(土)
広島市文化学園HBGホール
指揮:下野竜也
ピアノ:ピーター・ゼルキン

リヒャルト・シュトラウス:交響詩「死と変容」Op.24
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ニ短調Op.15
アンコール
バッハ:ゴルトベルク変奏曲よりアリアBWV.988



一ヶ月放置してしまったので広告が表示されてしまった。
猛暑と忙しすぎる仕事のおかげでバテバテですが、一応生きてます。

そんなわけで、昨日「平和の夕べ」コンサートに行ってきました。
広響のコンサート会員になって2年になろうかというところですが、相変わらず音楽知識は素人で善し悪しが全くわかりません。
特に今回のリヒャルト・シュトラウスやブラームスの作品は普段はあまり聴かないのでどのような曲なのかもわからず。
最近は予習もしていかなかったりするし。
でも、ブラームスの曲は知ってたわ。あー、これかぁーってな感じで。

昨日はですね、とにかく暑かったんです。
バスに小一時間ほど乗って町中に行くんですが、冷房効いてるのに暑いんですよ。
汗が止まらないし。
で、バス降りて会場までいつものように平和公園を突っ切っていったわけですが、原爆の日の前日ですからね、人がいっぱいでまっすぐ歩けないし、平和公園は遮るものがないから暑いし…。
会場についてもしばらくは汗止まらず、会場も冷房効いてるけど暑いのなんの。
そのせいか、公演中に前から3列目に座ってた女性が、扇子を仰ぎながら聴いてるじゃないですが。
ちょっとさすがにそれはマナー違反だよ。
団員に失礼すぎるわーと思いつつ「死と変容」を聴いておりました。
休憩時間が終わる頃、「暑いですが、扇子で仰ぐのはご遠慮ください」というアナウンスが流れてしまいました。
携帯を切ってくださいというのはよく聞くけど、扇子で仰ぐなというのは初めて。
客からか団員からかはわからないけど苦情がいったんでしょうね。
当たり前です。
携帯を鳴らす人も、がさがさと袋の音をする人も大抵は年配の人たち。
最近の若者は・・・と文句を言う前に、大人がちゃんとしましょうよっていつも思います。
後半はピーター・ゼルキンさんのピアノ。
めちゃくちゃ背の高い方
広響のFBによると通常の平均律とは異なる「1/8シントニックコンマミーントーン」という調律でブラームスを演奏されるとのこと。
FBのリンク先にその調律についての詳細がありますが、読んでもわからん!


知識のない私にはなんのこっちゃ?!なんですが、ピアノの音色はとても美しかったですよ。
このコンサートにふさわしい、素敵な音色でした。
きっと原爆の犠牲になった方たちへ届いたんじゃないでしょうか?
アンコールのゴルトベルク変奏曲、これがまたとっても素敵でした。
この曲、誰かが滑ってたよなー、誰だったかな?

ロビーでは、最近の公演に出演された楽団員、エキストラ、指揮者、ソリストの平和のメッセージ入り写真や折鶴が展示されてました。
ここには写ってないけど、お客さんも花の写真にメッセージを添えて展示してもらえるようでした。
17065.jpg

今年は、行ったコンサートはすべてブログに残そうとしてたのに、既に挫折しております。
これ以外にも行ってます。
備忘録として残しておこうと思ってたんですけどねー。

Posted on 2017/08/06 Sun. 21:00 [edit]

category: 音楽

thread: クラシック  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form