07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

デニス・ブリアコフ フルートリサイタル2017 

6月24日(日)
エリザベト音楽大学 セシリアホール
フルート:デニス・ブリアコフ
ピアノ:垣内 敦

J.ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番 ヘ短調 Op.120-1
O.タクタキシヴィリ:フルート・ソナタ
G.エネスコ:カンタービレとプレスト
S.プロコフィエフ:フルート・ソナタ ニ長調 作品94

アンコール
J.S.バッハ:マタイ受難曲 BWV244より 第49曲アリア
サラサーテ:序奏とタランテラ Op.43



1981年、クリミア生まれのデニス・ブリアコフさん。
有名なフルーティストだそうですが、私、まったく知りませんでした。
現在はロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者だそうですが、過去にはメトロポリタン歌劇場管弦楽団の首席奏者でもあったとか。
チラシを初めて見たときは、ロシアのフィギュアスケーター、コフトゥンかと思ったくらいよく似てるんですがどうでしょう?
会場のエリザベト音大は空席も目立ってちょっと残念。
プログラムは、私の知らない曲ばかりでした。
フルートやってる人にとってはおなじみの曲なのかもしれないですが。
その中でも、2曲目のタクタキシヴィリのフルート・ソナタは、ジョージア(グルジア)の民族音楽な雰囲気を持った曲で、なかなかよい曲でした。
有名なオーケストラで首席奏者の経験があるだけに、演奏は当たり前ですがお上手。
何であんなに手が動くんでしょう?
私だったら、完璧に手がもつれて、息も続きませんよ。
ただ、私好みの奏者ではないかなぁ~って感じでした。
技術は素晴らしいですけど。
好き嫌いはその人の好みなのでね。
CD購入者には、コンサート終了後にサイン会があったんですが、今回はパスしました。

他のフルーティストの方の演奏ですが、タクタキシヴィリのフルート・ソナタです。

Posted on 2017/06/28 Wed. 22:36 [edit]

category: 音楽

thread: クラシック  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form