05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

第368回定期演奏会 

2017年3月18日(土)
広島文化学園HBGホール
指揮者:秋山和慶
クラリネット:ダニエル・オッテンザマー

モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136
モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
リヒャルト・ストラウス:交響詩「英雄の生涯」 Op.40

17029.jpg

この日は、秋山先生の音楽監督最後の定期演奏会ということで、テレビカメラも入っており、NHKの収録もありました。
秋山先生が入場されたときには、スタオベでお出迎えをする人たちの姿も。
前半のモーツァルトは、会場に春を運んできたかのような、明るくウキウキするような演奏。
広響のモーツァルト大好きです。
本当に弦の響きが美しくて、自然と笑みがこぼれてくるようなそんな演奏でした。
クラリネット協奏曲は、ウィーンフィルのクラリネット首席奏者のダニエル・オッテンザマーさん。
お父さんもウィーン・フィル、弟はベルリンフィルのともにクラリネット首席奏者の音楽一家。
親子で世界一流オケの首席奏者なんて凄すぎ!
あまり大きな音ではないんですが、弱音の演奏って難しいと思うんですが、この曲は吹きなれているんでしょうね。
とても楽しそうに演奏されてました。
アンコールは、ご自身が作曲された曲。
お寺で聴いたらよさそうなそんな曲です。

17030.jpg
後半の英雄の生涯は、大人数のため地方オケではなかなか演奏されないそうです。
初めて聴きましたが、最後にふさわしい壮大な曲でした。
ヴァイオリンのソロ部分があるんですが、コンマスの佐久間さん素敵でした。
佐久間さんの演奏好きなんですよ。(と言っても、聴いたことない人はわかんないでしょうけど)
演奏終了後は、スタオベでいつまでも拍手が鳴りやみませんでした。
私は、フィギュア以外でクラシックコンサートでスタオベしたのは初めてです。
この他に、3名ほど退団される方もいて、最後の定期演奏会でした。
長い間お疲れ様でした。

コンサート終了後は、ロビーで楽団員と秋山先生を囲んでの交流会。
私はオッテンザマーさんのCDを購入してたので、サインももらいました。
日曜日のマチネだと、時間的に余裕があっていいですね。
平日の夜だと、交流会に出てたら帰りがかなり遅くなるので。(でもほとんど参加してる)

4月からの新シーズンは音楽監督が下野竜也さんに変わります。
大阪、福岡、東京でもコンサートあります。
福岡と東京は行くつもりです。

17028.jpg

Posted on 2017/03/20 Mon. 21:13 [edit]

category: 音楽

thread: クラシック  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

20

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form