08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

ウィーンフィル 広島公演 

今更なんですが、10月5日にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートに行ってきました。
S席33,000円は薄給の身には痛いものがありましたが、それだけ出す価値のあるコンサートだったと思います。
ピアノがルドルフ・ブッフビンダーさん。
私が以前、ウィーンに行ったときに、楽友協会のニューイヤーコンサートが行われるあのホールで聴いたのがブッフビンダーさんでした。
なので、今回が2度目。
正統派でとても聴きやすいピアニストだなぁとその時は思ったんですが、やはり今回もそう思いましたね。
安心して聴いていられるというか、ブッフビンダーさん自身何度もウィーンフィルと共演されているせいもあるのかもしれません。
ボキャブラリーも、音楽知識もないので、上手く表現できないですが、世界のトップオーケストラだけあって、余裕を感じるさすがの演奏だったと思います。
金管が安定してると演奏がしまる気がします。
私の好きな、フルートのカール=ハインツ・シュッツさんも来られていてうれしい限り。
前から4列目の真ん中の席だったんですが、この席だと指揮者のメータさんが邪魔になって(失礼(^_^;))、シュッツさんのお姿があまり見られなかったのがちょっと残念でした。

ドビュッシーの海は本当に海の中を漂っているような状況が浮かぶ演奏でした。
まともに聴いたことなかったんですが、いい曲ですね。
それから、ラヴェルのラ・ヴァルスは、こんな難しい曲よく簡単に弾いちゃうよなーって。
プロだから当たり前と言えば当たり前なんですけどね。
この曲、最近アイスショーでステファン・ランビエールが滑ってたんですけど、この時もよくこんな難しい曲をあっさりと滑っちゃうよなーと感心してたばかりなんですけど。
とにかくかっこよかったです。
アンコールのトリッチ・トラッチ・ポルカなんて、ニューイヤーコンサート等で散々演奏しまくってるから、余裕ぶっこきって感じでしたわ。

東京や福岡は早々とチケット完売だったんですが、広島はいつまでもS席が残っていたので、てっきり空席だらけなんだろうなぁと思ったんですが、意外にも埋まってましたね。
以前はチケットは瞬殺だったんですけど、やっぱり景気がよくないからなんでしょうね。
前回は5年前に広島に来てますが、もしかしたら次回は広島飛ばされちゃうかもしれないですね。


Posted on 2016/10/10 Mon. 22:43 [edit]

category: 日記

thread: 音楽  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 2

10

コメント

 

ぎょえ~ッ、さんまんさんぜんえん!!!
オケだけでその値段ってすごい。
ゲルギエフ指揮のマリインスキーオペラのS席が45000円くらいだったそうなので、それと比較しても高いですね。でも、出す甲斐があったと思えるコンサートで何よりです。

URL | うーさん #FBsHWC9k | 2016/10/11 22:08 | edit

 

*うーさん
東京でのコンサートはこれよりも高かったんですよ。
地方だし、ホールがダメダメだからちょっと安かったんだと思います。
でも、十分堪能できたので元は取れたかな?って思います。
とはいえ、やっぱりお財布には優しくないですけど(^_^;)
ウィーン国立オペラ座の来日公演は6万円くらいしたような気がします。

URL | Katze #- | 2016/10/12 22:30 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form