08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

駅伝とコンサート 

一週間前のことですが、1月24日(日)に広島交響楽団の第356回定期演奏会がありました。
会場に行くのに、いつも私は平和公園を突っ切って行ってます。
この日は、全国都道府県対抗男子駅伝が開かれていました。
日本全国で大雪に見舞われて、大会は開催されるのか?と心配もされましたが、思ったほどの雪は降らず(むしろ翌日がひどかった。私は遅刻した)、雪よりも厳しい寒さの方が辛かった一日でした。
毎年駅伝を見ている方はご存知でしょうが、スタートとゴール地点にいつも日本全国のゆるキャラが大集合します。
一番人気は熊本県のくまモンですが、私もコンサートに行く前に、くまモンに会って行こうと思ったんですが、残念なことに会えませんでした。(5月のフラワーフェスティバルの時も会えなかったんだよ・・・)
私は会えたのはこいつら↓


NHK広島のゆるキャラのしゃもべえと地元CATVのちゅぴ子、中国新聞のちゅーぴー。
地元なので頑張ってます!!
夏のイベントはつらいだろうけど、この日は肌が痛いほどの寒さだったので、ゆるキャラさんたちも内心ラッキー!なんて思ってたことでしょう。(中の人などいない!けど)

大型スクリーンも設置されていて、最後まで見たかったんですが、最後まで見てると開演に間に合わないし寒すぎるので、ちょっとだけ見て退散。
ちょうどたすき渡しのところで、広島県は2位、後ろの長野県(だったと思う)が差を縮めてきてるので、会場もざわめきながらみなさん真剣に見てました。
会場には各都道府県のブースもあって、おいしそうなにおいが立ち込めてました。
用事がなければ、何か食べたんですけどねぇ。
蟹汁がおいしそうだった。じゅるるるる。
で、コンサートは、マーラーの”さすらう若人の歌”と年が明けちゃいましたけどベートーヴェンの交響曲第9番「合唱」です。
16012.jpg

さすらう若人の歌は、ソリストにバリトンのトーマス・バウアーさん。イナ・バウアーじゃないよ。
私は、存じ上げなかったんですが、ドイツ・リートを歌わせたら素晴らしいお方だとか。
確かに、素敵な歌声で、マーラーも合唱もドイツ語なんですが、意味が分からなくても情景が浮かんじゃうという。
私はソプラノのような高い歌声よりも、バリトンの低い声の方が好みなので、演奏中はバウアーさんの顔をガン見して、うっとりと聞き惚れておりました。
ドイツ人らしく、すっごくでっかい人でしたよ。

休憩はさんで第二部は第九です。
日本だと年末のイメージがついてしまってるけど、年の初めに聴く第九もよいもんです。
どうしても、広島という地に住んでいると、平和という二文字が付きまとうわけなんですが、ここ最近世界では争いごとばかり起こって平安な日々を送れていない人々がたくさんいます。
一日も早く、世界中が平和で安全に過ごせるように、そしてこうやって素晴らしい音楽を聴けることができる平和な日本であって欲しいと思いつつ聴いておりました。

終演後は、楽団員との交流会なるものがありました。
16011.jpg

写真左から、広島県警本部長と指揮者の秋山さん、右上がトーマス・バウアーさん、右下が県警の変なゆるキャラ
実は入場する際に、青いゆるキャラから何やらもらったんです。
詳細は広響のHPに載ってます。→
この県警の方、クラシックにお詳しく、秋山先生の大ファンとかでとにかくしゃべるしゃべる。
このままイベントの司会をやった方がいいんじゃない?っていうほど。
バウアーさんは広島は二度目で、20年くらい前に一度来たことあるそうな。
この交流会、いつもあるわけでないですが、キリンさんより飲み物の提供もあって缶ビールかヴォルビックがもらえます。
太っ腹だな。
演奏会中は熱くて、心も暖かくなったものの、やっぱり外は寒くて肌が切れそうなくらいでした。

Posted on 2016/01/30 Sat. 20:11 [edit]

category: 日記

thread: 音楽  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form