08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

2週連続のニューイヤーコンサート 

本日、今年2回目のニューイヤーコンサートに行ってきました。
実は先週末にも行ってるんですが、まだブログ書いてません。
去年行ったコンサートのことも書こう、書こうと思いつつ、一ヶ月たっちゃいました(^_^.)
とろとろしてたら、いい席のチケットが売り切れで、1階後方席しかない状態だったんですが、ネットで2階最前列を見つけたのでゲットしたのはいいんですが、最前列は手すりが視界に入ってしまうのでちょっと失敗だったかも。
と言っても、他に選べる席がなかったのでしょうがないですが。

コンサートは第一部が小松亮太さんのバンドネオンとオーケストラの競演で、第二部がオーケストラだけでドナウ川・モルダウ川をめぐる風景というテーマ。


小松亮太さんの名前は知ってましたが、バンドネオンを聴くのは初めて。
ニューイヤーらしくないなぁとは思いましたが、いざ演奏が始まるとそんなことはどーでもよい!
哀愁を帯びた音色とオーケストラの演奏が見事にマッチしていて、何とも言えない贅沢なひと時でありました。
曲目もフィギュアスケートでおなじみの曲が多くて、小松さんもそのことを言われていました。

16007.jpg

1曲目は世界遺産のテーマ曲ですが、今はスポンサーが変わったので曲も変わったとのこと。
最近この番組見てないけど、風の詩は知ってました。
2曲目の「首の差で」という曲は「ポル・ウナ・カベサ」といった方が分りやすいかも。
真央ちゃんが数年前にエキシビションで滑っていた曲です。
小松さんも、真央ちゃん、ソトニコワ、キム・ヨナの名前を出して曲紹介をしてました。
アディオス・ノニーノは私からするとキム・ヨナよりジェフリー・バトルなんだけど、世間的にはヨナなんでしょうね。
6曲目の「我が懐かしのブエノスアイレス」という曲は、本来は2分ちょっとの短い曲らしいのですが、NHKの名曲アルバムで使用するから5分の長さでオーケストラ用にアレンジして欲しいと依頼されたそうなんです。
一生懸命作ったら、5分以上になってしまって、冒頭の金管のファンファーレが放送ではカットされたそうなんですが、今回はフル演奏。
レコーディングもされてないので、今回来た人だけが聴けるという貴重な演奏でした。
ファンファーレの部分は、小松さんも後ろを向いて感慨深そうに聴いていらっしゃいました。
バンドネオンの音色がとても素敵だったので、機会があればまた聴いてみたいです。

後半はこんな感じのプログラム↓
16008.jpg

思わず東欧に行きたくなるような曲目ですね。
第2部は、指揮者の鈴木織衛さんが、曲の紹介をしてくれるんですが、この方、早口でぺらぺらととても上手にお話されるマエストロでした。
題名のない音楽会の司会をやったらどう?と思っちゃいましたけど。
東京藝術大学の講師をされているそうですが、一度講義を聞いてみたいなと思わせるほど、と~ってもお話がお上手です。
1曲目はおなじみのドナウですが、ちょっとテンポが速いかなーって感じ。
3曲目のルーマニア民族舞曲(プログラムは誤植だそうです)だけは知らなかったんですが、中東風なエッセンスが入った不思議な曲でした。
で、一番楽しみにしていたのが「モルダウ」。
この曲は本当に大好きで、何故か秋になると聞きたくなるんですが、哀愁を帯びた曲調が日本人に合うんでしょうね。
この曲はフルで聴いてみたい。
アンコールは、ドビュッシーの「小舟にて」
この曲を聴くと、私はいつもモネの絵画が頭に浮かんできます。

開場の呉市文化ホールは初めて行ったんですが、音響は素晴らしいです。
ただ、空調はもうちょっとがんばれ!暑かったよ。
広島市内にロクなホールがないので羨ましいです。
オーケストラピットもあるからオペラも上演できるんじゃないかと。
今日はピットの部分にニューイヤーコンサートという看板のようなものと花が置いてありました。
そのスペースで誰か踊ればいいのにとしょーもないこと考えたりして・・・。

どーでもいいことですが、JR呉駅の電車の発着ベルが宇宙戦艦ヤマトでした。
JRは普段利用しないので、もしかしたら随分前からそうなのかもしれないですが。
呉と大和は切り離せないですからね。

今年になって、毎週のように広響のコンサート行ってますが、実は来週も定期公演に行きます。

Posted on 2016/01/17 Sun. 23:12 [edit]

category: 音楽

thread: 音楽  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

17

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form