04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

ふれあいコンサート 

もう一ヶ月もたっちゃいましたが、12月3日にアスティふれあいコンサートに行ってきました。
地元のアパレル会社主催のコンサートで、早めに会場に着いたら、すでに長蛇の列。
自由席のため、いい席ゲットしたかったけど、あまりの人の多さに、2階のサイドの前列を確保。
この席は上から見下ろす席なので、いつも見えない管楽器の人たちも観れるし。
第1部はヴァイオリニストの奥村愛さんと、第2部はヨーロッパの国々をめぐる名曲集というテーマで。


ふれあいコンサートというように、クラシック初心でもなじみのある曲ばかり。
1曲ごとに説明が入ったのにはびっくり。
余韻をぶった切られるのはこういう演出は好きではないけど、そういう趣旨のコンサートだから仕方ないのかも。
ヴァイオリニストの奥村愛さんのお話もありました。
奥村さんは7歳までオランダに住んでらして、オランダのクリスマスはサンタクロースがスペインから船に乗ってやってくるそうです。
ところ変わればサンタも変わるんですね。
第1部はフィギュアファンにおなじみの曲が多くて、2曲目の「ラヴェンダーの咲く庭で」の曲紹介の時は「フィギュアスケートの浅田真央さんが使用した曲です」との説明がされてました。

第2部も誰もが知っている曲ばかり。
最後の威風堂々は圧巻。
やっぱりオーケストラだとこういった派手で壮大な曲が似合います。
アンコールはダニー・ボーイだったけど、これはフィギュアでもよく使われる"You Raise Me Up"の元になった曲ですよね。
最後までフィギュアにおなじみの曲が勢ぞろいのコンサートでした。

第1部:愛あるメロディーを奏でるヴァイオリニスト~奥村愛を迎えて
 エルガー:愛の挨拶
 クロール:バンジョーとフィドル
 ヘス/加藤昌則編:ラヴェンダーの咲く庭で
 モリコーネ:長生淳編:ガブリエルのオーボエ~映画「ミッション」
 サン=サーンス:助走とロンドカプリチョーソ

第2部:ヨーロッパの国々をめぐる名曲集
 [フランス]ビゼ:組曲「アルルの女」より ”ファランドール”
 [ドイツ]パッヘルベル:カノン
 [オーストリア]モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジークより第1楽章
 [オーストリア]J.シュトラウス:ラデツキー行進曲
 [オーストリア]J.シュトラウスⅡ:トリッチトラッチ・ポルカ
 [チェコ]ドヴォルザーク:ユーモレスク
 [ロシア]チャイコフスキー:バレエ音楽「白鳥の湖」より ”四羽の白鳥の踊り”
 [イギリス]エルガー:行進曲「威風堂々」

アンコール
 ダニー・ボーイ

Posted on 2015/12/30 Wed. 23:35 [edit]

category: 音楽

thread: 音楽  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form