12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

宮廷画家「ルドゥーテの美花選」展 

1月27日、コンサートに行く前にひろしま美術館で開催されている宮廷画家ルドゥーテの美花選展に行ってきました。
17012.jpg

ベルギー生まれのピエール=ジョゼフ・ルドゥーテは「花のラファエロ」「バラのレンブラント」と言われた画家で、小さいころから植物の絵を描くのが大好きだったそうです。
詳細はこちらのサイトを→マルメゾン城美術館ルドゥーテの描いたバラの園

バラの絵で有名な画家だけあって、バラの作品が多かったんですが、これもバラなの?という変わったバラもありました。
チラシにも描かれてるんですが、花びらの上に朝露なのかしずくがあったり、蝶々が止まってたり、実に細かいところまで丁寧に描かれていました。
実は、そこまで期待しないで行った展覧会だったんですが、意外によかったです。
-- 続きを読む --

Posted on 2017/01/29 Sun. 18:43 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 0

29

秋山和慶のディスカバリー・シリーズ Gift~Ⅲ 

2017年1月27日(金)
JMSアステールプラザ大ホール
指揮:秋山和慶
クラリネット:品川秀世

細川俊夫:〈変容〉クラリネットと弦楽オーケストラ、打楽器のための
モーツァルト:交響曲第40番ト短調K.550
レーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガOp.132

チラシと曲順の入れ替えがありました

17010.jpg
-- 続きを読む --

Posted on 2017/01/28 Sat. 17:56 [edit]

category: 音楽

thread: クラシック  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

28

第366回定期演奏会 

今年初めての定期演奏会に行ってきました。
2017年1月20日(金)
広島文化学園HBGホール
指揮者:小林研一郎
ヴァイオリン:アレクサンドラ・スム

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47
チャイコフスキー:交響曲第3番ニ長調 Op.29 「ポーランド」

17009.jpg
-- 続きを読む --

Posted on 2017/01/22 Sun. 17:20 [edit]

category: 音楽

thread: クラシック  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

22

大雪 

よく降りましたねー、雪。
昨日の夜の時点では、そこまでひどくなくて積雪はないかも!と思ってたんですが、朝起きてびっくり\(◎o◎)/
30センチくらい積もってませんか?
ニュースによると、広島市内中心部でも20センチくらい積もったとか。
今日は、呉で行われるニューイヤーコンサートに行く予定だったんですが、この雪でバスも電車もまともに動くとは思えなかったので行くのを諦めました。
午前の時点で、呉線は遅れや運転取りやめがあるということだったし、呉行のバスも運転取りやめになってたし。
今日が日曜日でよかったのかどうか???
日中もずっと降っていたんですが、午後になって日差しも出て溶け始めたと思ったらまた夕方から降りはじめました。
今は止んでますが、外はめちゃくちゃ寒いです。
当然、雪は解けずに残ってます。
明日の出勤が苦痛ですわ・・・。

17008.jpg

Posted on 2017/01/15 Sun. 22:54 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 0

15

カープシンフォニーに行ってきました 

昨年の広響のコンサート終了後の交流会で、カープシンフォニーをやるという情報を得たんですが、チケット発売日にすぐさまゲット。
友達を誘って、この日を楽しみに待ってました。
カープシンフォニーとは、5楽章からなる30分程度のれっきとした交響曲です。
カープの応援歌の「それゆけカープ」を作曲した宮崎尚志さんの次男の宮崎道さんが、2008年に旧広島市民球場のお別れの際に作ったもので、各楽章にカープの応援歌がモチーフとなっている交響曲です。
誰にでも楽しめるようにと、難しいことになしにつくられたということで、クラシックに興味のない人でも楽しめたのではないかと思います。
想像以上に、素晴らしい曲でCDにして欲しいなぁと思いました。
演奏の時に、舞台の上方にあったモニターにこれまでのカープの写真や映像が流れてました。
故人となった選手や、ベースボールドッグのミッキー君の写真もあって、ちょっとうるっと着てしまいました。

このコンサートはドレスコードがあったんですが、それはカープのユニフォームか赤いものを身に着けるということ。
カンフーバットがあれば持参のこと。
これだけで、楽しいじゃないですか。
ドレスコードなんてなくても、このコンサートならみんな赤い服着てくるとは思いますけどね。
当然、楽団員さんもカープユニや、当日限定発売されたモーツァルト坊やの赤いTシャツを着用。
指揮者の秋山和慶さんもカープのユニ着用でした。

ゲストには、カープの応援歌を歌った、塩見大治郎さん、南一誠さん、それゆけカープを作詞された有馬三恵子さん、カープシンフォニーの作曲者の宮崎道さん、そしてカープの緒方監督。
緒方監督、めちゃくちゃかっこよかったです。
コンサートは奥様のかな子さんも来られてたそうですが、私は確認できず。

最後は、ゲストの皆さんが壇上にあがって、全員で「それゆけカープ」の大合唱。
寒い日でしたが、コンサート中はとても熱い楽しい時間でした。
また今年も優勝して(日本一になって)、コンサート開いて欲しいなぁ。


-- 続きを読む --

Posted on 2017/01/14 Sat. 19:38 [edit]

category: 音楽

thread: クラシック  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

14

コジ・ファン・トゥッテ 12/11 

今更ですが、一か月前に東京芸術劇場であったコジ・ファン・トゥッテを見に行ってきました。
コンサート形式のオペラなので、オケは舞台上にいて、その前でオペラ歌手が歌うというスタイル。
前日には新国立劇場でセビリアの理髪師を見ましたが、本命はこちら。
グリエルモ役のマルクス・ヴェルバさん目当てで、半年前からチケット購入して楽しみにしていました。
しかし、直前になって6人しかいないオペラ歌手のうち2名が急病で変更になってしまい、フィオルディリージ役のヴィクトリア・カミンスカイテさんは、空港から直接リハーサル会場に向かったそうです。
それでもちゃんと舞台に立てちゃうんだからたいしたもんだ。



ジョナサン・ノット(指揮・ハンマーフリューゲル)
東京交響楽団、新国立劇場合唱団
サー・トーマスアレン(舞台監修、ドン・アルフォンソ)
ヴィクトリア・カミンスカイテ(フィオルディリージ)
マイテ・ボーモン(ドラベッラ)
ヴァレンティナ・ファルカス(デスピーナ)
アレックス・シュレイダー(フェルランド)
マルクス・ヴェルバ(グリエルモ)
-- 続きを読む --

Posted on 2017/01/09 Mon. 15:39 [edit]

category: 音楽

thread: クラシック  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

09

ニューイヤーコンサート 

昨日、今年最初のコンサートに行ってきました。
昨年に引き続き、ソリストはピアニストの小山実稚恵さん。
ここ数年は小山さんなので、来年もそうなのかな?
去年も同じこと書いたと思うけど、昔のニューイヤーコンサートは小品を何曲かやるパターンだったんですが、最近は普通の定期公演と変わらない本格的な内容になってます。
今年はベートーヴェンの曲ですが、両方とも新年にふさわしい壮大な曲だと思いました。
第7番はのだめで有名になった曲ですね。
小山さんの演奏も去年より今年の方が随分良かったです。
楽器の配置がいつもと違ってました。
コントラバスが向かって左側、第2ヴァイオリンとヴィオラが入れ替わり、それに伴いチェロの位置もちょっとずれてました。
時々、違う配置で演奏されることがありますが、何せ違いが判らない女なので、音の聞こえ方がいつもと違うのかどうかよくわかりません。
まあ、席もいつもの席とは違いましたけどね。
今年もできる限り、たくさんのコンサートに足を運びたいです。
それにしても、会場がいつになく暑かった。
おまけにいつもと違うルートで会場に行ったんですが、バスが激混みで、私は座れたからよかったものの、立ってた人は行くだけで疲れただろうな。

-- 続きを読む --

Posted on 2017/01/08 Sun. 18:55 [edit]

category: 音楽

thread: クラシック  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

08

あけましておめでとうございます 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
こちらのブログに移ってから今年で10年目になります。
以前開設していたブログは引っ越しがうまくいか無かったため消してしまいましたが、ブログをやる前に拙いHPも開設してました。
ネットで発信を始めて随分月日が流れました。
当初からお付き合いしている方たちと、今でも細々と繋がっていることはとても嬉しく思っています。
その頃と比べると、更新頻度もかなり少なくなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

↓の鶏はポルトガルのシンボルである、幸運を呼ぶバルセロスの雌鶏です。
何故幸運なのかは、調べてください。
ポルトガルに行ったときに、この置物を買ったんですが、床に落として壊してしまいました。
お気に入りだったんですけどね。
いつか、また買いにポルトガルに行きたいです。


Posted on 2017/01/01 Sun. 19:41 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 2

01