06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

顔面睡眠 

たびたび、記事に書いているYahooのペットコーナーの猫の写真だけど、今日、とっても可愛い写真を発見。

マイケルくん

今日の一枚というコーナーで取り上げられてたんだけど、可愛くてたまらん!!
全ての猫がやるわけじゃないけど、こうやって顔を布団等に埋めて寝てることがあるのよね。
苦しくないのかしら?と思うんだけど。
私はこういった睡眠を顔面睡眠と呼んでる。
このマイケルくんの場合は、座った状態で顔を埋めていて、普通の猫とちょっと違う。

昔飼ってたアメリカンショートヘアーのりゅうという名の猫がよくこの顔面睡眠をしていた。
汚い画像だけどPC内にあったので載せてみようっと。
苦しくないのかなぁ?
ryu

今日は旅行記はお休み。

Posted on 2009/07/30 Thu. 21:26 [edit]

category:

thread:   -  janre: ペット

TB: --    CM: 4

30

仕事復帰 

自宅待機期間の一週間が過ぎて、今日から仕事復帰。
一応、席はあった。
この一週間、家でだらだらと過ごしていたので、さすがに今日はちょっとしんどかった。
おまけに昨夜は蒸し暑く寝苦しくて、睡眠不足気味。
仕事も今日は暇だったんで、一日が長かった。
来週からまるまる一週間仕事に通えるんだろうか?
休み過ぎは社会復帰するのがつらくなるから、考えもんだわ。

Posted on 2009/07/29 Wed. 21:36 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 2

29

ポルトガル旅行記 7月15日(水) 3日目-2 

サン・ジョルジェ城の見学が終わって、いったんロシオ広場まで戻ってきた。
広場からフェリー乗り場の近くにあるコメルシオ広場までいろんなお店やレストラン、カフェなどが並んでいるアウスグタ通りを、ウィンドウショッピングがてらぶらぶらしてみる。
そろそろお昼ごはんを食べようと思って、通りに出ているレストランを覗いてみるが、人が座ってないところはサンサンと日が差しているのであきらめる。

賑やかな繁華街のアウグスタ通り。
見よ、この日差しを。まぶしいぞ。
augusta

門の向こうがコメルシオ広場。残念ながら工事中。
pt033.jpg

暑い中うろうろしていると、ロシオ広場の裏筋あたりにレストランが並んでいる通りに紛れ込んだ。
そこでは、メニューを持って客引きをしているウェイターさんがあちこちに立っていた。
一人のおじさんにつかまってメニューを見ると、いわしの塩焼きがあったので、その店で食べることに。
歩きつかれてくたくただったし、もうどこでもいいやという気分になっていたのも事実。

すごく変な撮り方になっちゃったけど、いわしの塩焼き
iwashi
いわしが4匹も。
おいしかったんだけど、さすがに4匹も食べられなくて、がんばって3匹食べた。これでもきつかった。
私はただでさえ食べ方が上手じゃないのに、このいわしをナイフ・フォークで食べるというのは非常に難しかった。
残骸がとっても汚らしいことになってしまった・・・。
お値段は覚えてないけど、飲み物の水を入れて10€くらいだったと思う。
多分、地元民が行くようなレストランだともっと安いはず。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/29 Wed. 21:31 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 3

29

ポルトガル旅行記 7月15日(水) 3日目-1(サン・ジョルジェ城) 

当初の予定では午前7時か8時の列車でポルトに行く予定だったが、午前中は警察に盗難届けを出すことにしたので、ゆっくりめに起きた。
届けを出した警察署は、リスボン中心地のレスタウラドーレス広場のフォス宮にある、ツーリストインフォメーションの隣の出張所みたいな小さなところ。
対応してくれたのはイケメンの警察官で、私のつたない英語を何とか理解してもらえ、書類を作成してもらった。
全部できあがるまで40分くらいかかったかな。
この警察官の胸には4カ国くらいの国旗のバッジがついていたので、おそらくそれだけの言語を話せるということなんだと思う。
ツーリストインフォメーションの近くだから、世界各国からの観光客がやってくるので、ポルトガル語だけじゃ対応できないだろうし。
きっと私みたいにスリにやられた人を毎日、毎日対応してるんだろうなぁ。

このあと、サン・ジョルジェ城の観光へむかった。
観光へは警察署の近くにあるフィゲイラ広場から小さなバスで行った。
狭くて急な坂道をびゅんびゅん飛ばしながら走る。運転荒すぎ。
これが、サン・ジョルジェ城行きの37番のバス。ミニバンみたいだけど一応バス。
bus

サン・ジョルジェ城の入り口近くの風景
洗濯物がポルトガルらしさを醸し出している。
建物の下部にはポルトガル名物アズレージョ(色つきタイル)。
view
サン・ジョルジェ城の内部
城に入るまでは公園になっており、ここからリスボン市内のきれいな風景を見ることができる。
すでに現地編で写真を貼り付けてるのでここでは省略。
sao jorge1
城壁。
城壁は歩いて渡れるようになっているが、ご覧のように片方がかなり低い。
かなりの高さのため、結構怖い。私は途中で歩くのやめて城壁から降りた。
階段も一段が結構高いので、上るときより降りるときの方が怖いのだ。
sao jorge2

暗くてわかりにくいけど、ここに住み着いている孔雀。
ここには猫もいるはずなんだけど、まったく見かけず。
城に入ってすぐ、カリカリの食べ残しを見つけたので期待していただけに残念。
kujaku
サン・ジョルジェ城は、城壁のみでこれといったものがあるわけではないけど、公園からの眺めが美しく、の〜んびりとするにはいい場所かもしれない。
が、ここに来るには入場料5€必要。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/28 Tue. 17:19 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 5

28

ポルトガル旅行記 7月14日(火) 2日目-3 

電停で休んでいたら少しは気分もよくなったものの、観光する気分になれずそのままホテルへ戻ろうかどうしかと思いつつ、適当に歩いていたら、サンタジュスタのエレベーターを発見。
ついでなので、このエレベーターに乗ってみることにした。
このエレベーター、Viva Viagemで乗ることができる。
幸いにも、動画用にもう一つデジカメを持ってきていたので、今後の撮影はそちらのデジカメを使うことに。
今度は取られないようにしなくては。

サンタ・ジュスタのエレベーター
santa justa
鉄製の枠に囲まれているけど、エレベーター自体は木製。
屋上は展望台になっている。
また、バイロ・アルト地区へ通じる通路があって、帰りはそこから降りた。

サンタ・ジュスタのエレベーターからの眺め
写っている城壁はサン・ジョルジェ城
view
ロシオ広場(リスボン市内の一番にぎやかな広場)
rossio
-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/27 Mon. 18:53 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 4

27

ポルトガル旅行記 7月14日(火) 2日目-2(ベレン地区観光) 

ホテルで一休みした後、ベレン地区へ観光に出かけた。
地下鉄でカイス・ド・ソドレまで行き、そこから路面電車でベレン地区へ。
地下鉄に乗る前に、地下鉄、路面電車、バス、フェリーに24時間乗り放題のプリペイドカードのViva Viagemカードを自動販売機で四苦八苦しながら買う。
このカード、紙製のくせに発行してからむこう一年間は何度でもチャージして使えるというすぐれもの。
最初だけカード代が0.5€かかるが、あとは一日分3.7€をチャージするだけ。
地下鉄のゲートやバスや路面電車にあるセンサーにこのカードをかざせばOK。
チャージしてから24時間有効。

紙製で頼りなさそうなViva Viagemカード。
viva1
裏側はこんなになってます。
viva2

最初に観光したのが発見のモニュメント。
ホテルにチェックインしたときに説明してくれたお姉さんがベレン地区へはベレンで降りたらいいといってたんでそこで降りたら、ちょっと遠かった。
路面電車の場合、ジェロニモス修道院前 Mosteiro Jerónimos で降りた方が断然近い。

発見のモニュメント
monument
1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して作られたモニュメントということで、意外に新しい建造物。
このモニュメントの上部は展望台になっていて、すごくいい眺めだった。
ちなみにこのモニュメントにのっかってる人物像は反対側にも乗っかっていて、それぞれ違う人物なのである。
先頭はエンリケ航海王子、あとは名前を見ても知らない人ばかりだが、ヴァスコダ・ガマもいる。
このモニュメントの前の広場には大理石のモザイクで作られた世界地図があって、航海に出かけたポルトガル人が発見した年号が記されている。
↓この写真はFlickerからお借りしました。
monument

ここから近いところに、もう一つベレンの塔という観光名所がある。
16世紀はじめに船の出入りを監視する要塞としてつくれたらしい。
発見のモニュメントからベレンの塔が川沿いに見えたので、歩いて10くらいで着きそうだと判断した私は、暑い中てくてくとベレンの塔を目指して歩いていった。
が・・・。下の地図を参照↓
map
何と、途中で道が途切れていて渡れないようになっていたのだ。
ぴょんと飛び越えられるような幅じゃないので、あとちょっとというところで、むなしく引き返した私であった・・・。アップロードファイル
-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/26 Sun. 22:40 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 6

26

雨、雨、雨 

よく降りますねぇ。
本当なら梅雨明けしていてもいい頃なのに。
降り方も尋常じゃないし。
ポルトガルのあの青空が懐かしい。
晴れたら晴れたで、暑い、暑いと文句を言うんだけど。
梅雨入り前までは雨があまり降らなくて、ダムの貯水量も少なく、このまま雨が降らないと取水制限をしなくてはいけないといわれていたのがうそのような降りよう。
ちょっと極端すぎません?
災害も多発しているし、そろそろ止んでもらいたいけど、週間天気予報みたら向こう一週間、晴れの日がない・・・。
家中がじめじめして気持ち悪いです。

Posted on 2009/07/26 Sun. 13:31 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 2

26

ランビエール復活!! 

なんと、去年引退したステファン・ランビエールが現役復活することに!

同じ記事ですが、公式サイトとそのリンク先

Stéphane Lambiel-The Official Web Site
Stéphane Lambiel wants another go at Olympic Games

プルシェンコも高橋大輔も戻ってくるし、女子ではサーシャ・コーエンも戻ってくる。
特にファンというわけじゃないけど、やっぱり華のある選手が戻ってくるのは嬉しい。
ついでに、ジェフリー・バトルも戻ってきてもいいんだよ。
そういや、クワンは?来月韓国のアイスショーに出演するらしいけど。

Posted on 2009/07/25 Sat. 19:44 [edit]

category: フィギュアスケート

thread: フィギュアスケート  -  janre: スポーツ

TB: --    CM: 2

25

キャッチコピーNG 

Yahooのトップにきていた記事。
TBS世界陸上、選手キャッチコピーダメ!

陸連よ、よくぞ言ってくれた!
昔、陸連関係者と仕事したことがあったけど、そのときは陸連のオヤジたちの仕事ぶりに頭きたもんだけど、今回の件に関してはGood Job!!
最近のスポーツ大会のテレビ放送ではどの競技でも、変てこなキャッチコピーが花盛りでうんざりしていたところ。
私がメインで見るのはフィギュアスケートだが、フィギュアの選手にももちろん変てこキャッチコピーだらけ。
ジュベールの4回転サイボーグって一体何なの?
昔に遡ると、クーリックの氷上のディカプリオなんてのもあった。
そればかりか、最近は○○ジャパンと日本代表チームまで愛称をつけたりして、何だかな?って思っていたところ。
そんなキャッチコピーなんていらない。
それからもっと重要なのはきちんと選手の演技&競技を見せて欲しいということ。
わけのわからないビデオやら、スタジオのゲストなんてのもいらない。
いい加減、スポーツ放送の在り方も考え直して欲しいところだけど、これは無理なんだろうなぁ。
スケート連盟も是非テレビ局にキャッチコピーダメと言って欲しいもんだ。
あの陸連でさえ要請できたくらいなんだから。

Posted on 2009/07/25 Sat. 15:06 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 2

25

日本人が3年連続「ベストツーリスト」、ワースト1はフランス人 

ちょっと前の記事だけど、ドイツの調査会社TNSインフラテスト社が行ったアンケート調査の結果で、 日本人が3年連続ベストツーリトになったそうだ。

日本人が3年連続「ベストツーリスト」、ワースト1はフランス人

去年もこの記事を読んで思ったんだけど、ただ単に日本人は言葉がしゃべれないから不平不満があってもホテルに文句言えないだけのことじゃないかと。
パックツアーを利用した人でも、文句があればその場で言えばいいのに、帰国してからああだこうだと文句を並べる人が多いらしい。旅行中はおとなしくても、帰国してからクレーマー。
電気がつかないとか、タオルがないなんてことはその場で言えば解消できることなのに、言わないで帰国してから文句を言ってもどうしようもないのよね。

このアンケートの全てが納得というわけじゃないけど、アメリカ人がうるさいというのは納得できる。
先日のリスボン最終日でのクルーズに参加したとき、アメリカ人のグループがビール飲んで大騒ぎ。
もう少し静かにしろ!(と心の中で叫んでいた)
それから、Tripadvaisor等でホテルの部屋の写真をアップしている外国人って、散らかした部屋の写真をアップしている人が多いのよね。
ベッドもぐちゃぐちゃ。
私はぐちゃぐちゃに使っても、部屋を出るときはベッド周りはもちろんある程度整えて、洗面道具以外の持ち物はスーツケースに入れて出るようにしてるんだけど、あの人たちはあのまんまなんだろうか?
飛行機ではぐちゃぐちゃのまま出てる人多いけど、あれって恥ずかしいと思わないのかなぁ?
そんな私の部屋はぐちゃぐちゃで汚いんですが

Posted on 2009/07/24 Fri. 23:16 [edit]

category: 旅行

thread: 旅の情報・準備  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 2

24

ポルトガル旅行記 7月14日(火) 2日目-1(ホテル編) 

午前9時30分発のリスボン行き飛行機に乗るため、朝早くおきて朝食。
ホテルはビジネスホテル並みだが、朝食は豪華。
せっかく写真を撮ったのに載せられないのが残念。
フランクフルト空港では自動チェックイン機があちこちにあり、そこでチェックインをして荷物を預けるというふうになっていた。(チェックインカウンターも多分あったんだと思うけど気づかなかった)
自動チェックイン機は日本語も選択できるようになっていてびっくり!日本人利用者が多いってことね。
自動チェックイン機を使っても、荷物を預けるカウンターが長蛇の列だと果たしてこれは意味あるのか?とも思ってしまう。
フランクフルトからリスボンまでは3時間のフライト。

フランクフルトは曇りの天気だったが、リスボンはいい天気。
空港からホテルまではエアポートバスを利用。
リスボンはフランクフルト同様、空港が近いのがいい。
バス停からホテルまでは地図で見るととても近い。

青い印がホテルの場所。バス停はAvenidaという地下鉄の駅とほぼ同じ。

より大きな地図で
Eurostars Das Letras を表示

楽勝だと思っていたが、実はものすごい石畳の坂道で、買ったばかりのリモワの車輪壊れるかと思った。ホテルに着いたときには汗だく。
地図だけだと坂の勾配まではわかんないもんなぁ。おそるべしリスボン。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/24 Fri. 14:52 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 4

24

ポルトガル旅行記 7月13日(月) 1日目 

関西空港に隣接のホテル日航関西空港に宿泊したので、朝はゆっくりできるのがいい。
部屋は狭いけど、寝心地もスタッフの対応もgood!
今日はフランクフルト泊なのに、チェックイン時に荷物をリスボンで受け取りにされそうになって焦る。
荷物だけ先にいっては困るんですが。
搭乗前に、機内のエンターテイメントの不具合によりご利用いただけませんとのアナウンス有り。
ルフトハンザって結構エンターテイメントの不具合多い。以前もまったく利用できなかったことあったし。まあ、寝るからいいけど。
機内はほぼ満席。
エンターテイメントは一応動いていたけど、途中でダウン。その後回復して、私は後半のみビデオ鑑賞。

lufthansa

フランクフルト空港へは定刻通り到着。
普通ならそのままホテルへ直行だが、今回の目的のひとつ、ルフトハンザバージョンのリモワを買うため、空港内にあるLufthansa World Shopへ。
思ったより小さな店舗だったけど、ありましたよ、リモワ。
買うものは決めていたけど、実際ブツを見てみると、他のもいいなぁと迷う、迷う。
結局、買おうと思っていたRimowa AirLight Multiwheel Case, Silver をゲット。
すぐさま、ボストンバッグの中身を買ったかばんに突っ込んで、ホテルへ移動。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/23 Thu. 17:10 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 4

23

ポルトガル旅行記 準備編 

2009.7.13〜7.21までのポルトガル旅行記を改めてまとめてみました。
現地編とダブっているいる部分もありますがご了承を。
まずは、準備編から。

旅行を決めたのは今年の冬頃。時期は6月初旬から中旬にかけて。
行き先の候補はドイツ、ハンガリー、ポルトガルの3つ。
実はハンガリーにほぼ決めかけたんだけど、長年ずっと行きたいと思っていたポルトガル。
今行かないと、もしかしたら行けないかもと思いポルトガルで決定。
サーチャージが安くなる4月を待って航空券を購入することにしたが、ルフトハンザが3月末購入分から安くなるサーチャージ分の料金で購入できるようになっていたので、すぐさま購入。
このとき、同日着でリスボンに行くより、なぜか翌日リスボンに行くチケットの方が安いことが判明。
同日着だと夜9時半着になるので、夜遅くつくより明るいうちについた方がいいだろうということもあり、フランクフルトで1泊して翌日リスボンへ向かう便を予約。
フランクフルトはほぼ宿泊のみなので、中央駅近くのManhattan Hotelを予約。
リスボンのホテルは当初はBookin.comで見つけたホテルを予約していた。
これで準備完了のはずだったが、ゴールデンウィークに予想外のできことが。
そう、新型インフルエンザの大流行。
おかげで、会社側から自粛要請が出てしまい旅行すべきか延期すべきかはたまたキャンセルすべきかという問題が。
ホテルは予約無料だからキャンセルは問題ないけど、航空券は一番安い予約クラスで予約を入れたため、キャンセルしても返金なし。ただし、予約の変更は手数料を払えば可能とのこと。
暑くなれば流行もおさまるかもしれないと思って、1ヶ月先に予約変更。しかし、手数料6万円は痛かった・・・。(自粛要請が出てても、渡航禁止だったわけじゃなかったので、今思えば予定通り6月に行けばよかったとちょっと後悔)
フランクフルトのホテルだけはすでに料金を支払っていたので、宿泊日の変更。
これは、手数料はいらなかったので助かった。リスボンのホテルはいったんキャンセル。
その後、いろいろなホテル予約サイトを覗いてみると、グレードの高いホテルなのに料金がえらく安く出ているホテルを発見。
予約サイトよりも、ホテルで直接予約した方がもっと安いことがわかりそこで予約。
これで、とりあえず航空券と宿泊をおさえたので、あとは旅行までに訪問場所の交通事情等を調べることに。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/22 Wed. 23:29 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 2

22

帰国しました 

本日、無事に帰国しました。
と、言いたいところですが、最後の最後でケチがつきました。
飛行機は定刻どおり到着したんですが、大雨のせいで新幹線のダイヤが乱れているとのこと。
はるかで新大阪まで行き、新大阪ですぐに来た新幹線に飛び乗ったのはいいんですが、ダイヤが乱れているということで自由席しか発券してもらえず、自由席に行ったら満席。
でも、新神戸で降りた人がいたのですかさず座って席を確保。(この辺はおばちゃん根性丸出し)
この調子だと、昼ごろには家に帰れるな~と思ってたんですが、岡山駅直前で止まってしまって進まず。
山口、広島地方が大雨で運転見合わせ中とのこと。
列車が岡山駅で止まってホームがいっぱいのため進めないらしい。
しばらく待って、やっと岡山を出発したと思ったら、今度は広島駅直前でストップ。
同じく、駅で前の列車が止まっていてホームがいっぱいらしい。
なんてことでしょう、旅行中はまったく雨が降らなかったのに、帰ってきたら雨のため足止め食らうとは。
結局、午後2時頃に広島駅に到着。
私の乗った博多行きの新幹線は、広島駅で運転打ち切りとなってしまいました。
広島駅はごったかえしていて、ものすごい状態になっておりました。
最後の最後までケチのついた旅でした。
帰りの11時間のフライトより、関西空港~広島駅までの移動の方が疲れました。
あっ、でも列車が遅れたおかげで特急代が払い戻しになりました。
広島までなのにちょっとラッキー!

そうそう、うーさんへ。
ルフトハンザのドリンクホルダーは軽々でしたよん。
指一本でもおろせるくらい。
でもって、帰国便も個人モニタついてました。私は寝てたのでエアショウしか見なかったけど。
個人モニタいらんから、シートピッチを広げて欲しい。

Posted on 2009/07/21 Tue. 17:03 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記(現地編)

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 6

21

日焼けしてる~~ 

さっきお風呂に入っていて気がついた。
思いっきり日焼けしている。
あみあみのサンダルを履いて行動してたんだけど、足の甲があみあみに日焼けしてるし、腕を見るとと、腕時計をしている部分が白抜きになっている。
ぎゃ~~~~~。
日焼け止めはつけていたけど、かなり強い日差しで、特に今日はすごかった。
今日は長袖着ていたのに・・・。
一番気になるのは顔のシミ。
絶対、また増えるだろうなぁ。
そういえば、こちらの人たちって日焼けに対しては全然対策なんてしてない模様。
みんな思いっきり肌を露出していて、その肌の汚いこと。
思いっきりシミだらけ。
こういう人たちの中にいると、私のつや、ハリのない肌なんてまだ奇麗な方だわと思ってしまう。
美白化粧品なんて日本が一番だっていうしね。
帰国してからお肌の手入れをしっかりしなくっちゃ。
色が元に戻るか心配だわ。

Posted on 2009/07/20 Mon. 06:34 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 3

20

ポルトガル旅行記 現地速報編(7) 7月19日 リバークルーズ 

とうとう最終日。
連日の疲れもたまっているので今日はゆっくりめの行動。
といっても、朝食が10時までだから、それまでには起きなきゃいけないのがつらいところ。
(朝食付で予約したから食べなきゃもったいないという貧乏人根性丸出し)
部屋を出たら、同じフロアのほとんどの部屋のノブにDon't Disturbの札が出ていたのには笑っちゃいました。
私も昨夜から下げて寝てました。
今回の旅でどうしても体験したかったのがリバークルーズ。
リスボンのリバークルーズは日に1回しかなく、しかも時間が2時間半と長い。
普通は長くても1時間くらいだと思うけど。
いつも私は乗り場で迷うので、午後3時からのクルーズだけど早々に乗り場確認も含めてチケットを買いに行く。
20ユーロは高いのか安いのか?
チケットは購入したので、暇つぶしのためファド博物館に行ってみる。
リスボンの主な施設は日曜日の14時までだと無料になる。
なぜ、14時という中途半端な時間なんだろう?
博物館だけど、タダで入れてよかった。お金払ってたら損した気分になったと思う。
だって、全然知識ないんだもん。じゃあ行くなよ!と言われそうですが。
このあと、気になっていたお土産屋さんを探してうろつくが、よく考えたら今日は日曜。
そう、お休みでした。
旅行してると、日にちや曜日の感覚がなくなってしまうのよね。
うろうろして、軽く昼食をとったら時間がなくなってきたので、あわててフェリー乗り場へ。
3枚だけですけど、UPします。

4月25日橋とクリスト・レイ
cruise1
-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/20 Mon. 04:18 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記(現地編)

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 2

20

ポルトガル旅行記 現地速報編(6) 7月18日 シントラ&ロカ岬 

今日は、リスボンから電車で40分のところにあるシントラという町とヨーロッパ最西端のロカ岬まで行ってきました。
今日もとりあえず、写真のみ。

ペナ宮
妙な造りのお城。内部は写真撮影禁止。
外観は妙だが、内部はどうってことなかった。これで11ユーロは高い気がする。
sintra1

世界遺産にもなっているシントラの町並み
sintra2

細い路地にはおみやげ物屋さんが並びます。
ここも坂の町。
sintra3

-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/19 Sun. 07:31 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記(現地編)

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 4

19

ポルトガル旅行記 現地速報編(5) 7月17日 オビドス 

疲れてしまって更新できぬまま寝てしまいました。
だんだん朝起きる時間も遅くなりつつあります。
この日は、一番楽しみにしていたオビドスという小さな町へ行ってきました。
人口が800人しかいないそうです。
女性ならおそらく気に入るだろうと思われるかわいらしい町で、ぐるりと城壁で囲まれています。
ドイツのローテンブルクのような町です。
行くまでにバタバタして苦労したんですが、それはまた帰国してから。
毎日いい天気なんですが、この日は風がかなり強くて、木陰に入ると涼しくて気持ちよかったです。
とりあえず写真を。

天気がいいので白い壁、ピンクの花が青空に映えます。
obidos1
-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/19 Sun. 07:10 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記(現地編)

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 5

19

リスボン旅行記 現地速報編(4) 7月16日 

写真をアップする気力がないので、簡単に今日の行動を。
今日は、リスボンからバスで2時間のところにある港町ナザレに行ってきました。
予定では9時のバスに乗るはずだったのですが、朝ダラダラしていたせいで、外出が遅くなり、地下鉄の駅のすぐ近くにあるバスターミナルなんですが、出口を間違えてしまってバスターミナルの場所がわからずうろうろ。
そうしているうちに9時を回ってしまったのでした・・・。
今日もお間抜け絶好調!!相変わらずの方向音痴ぶりです。
やっとバスターミナルを見つけて、10時発のバスでナザレへ。
ナザレ行きのバスは、一日に数本しかないので、1本抜かすと大変です。
ナザレシーズンオフだと物悲しい雰囲気のようですが、今は海水浴シーズンということで、ビーチにはたくさんの人、メイン通りはおみやげ物やさんが軒を連ねて、とても活気ある町でした。
ここで有名なのが、女性の民族衣装。7枚のスカートの重ね履きをしていて、未亡人は黒一色の洋服を着ています。
昔、プロレスラーの神取忍が、このナザレでうるるん滞在紀でだまされてスカートを「履かされたのを覚えています。
ペンションの客引きの女性、ナッツ売りの女性、お土産物やさんの高齢の女性と、働いているのは女性ばかりというイメージの強い町です。
思っていたより素敵な町でした。
しかし、ここも坂の町です。お年寄りは大変だけど、みなさん元気です。
あと、港町なので魚介類が豊富。
町歩きをしていると、あちこちからいわしを焼くにおいがしてきます。
昨日、いわしの塩焼きを食べたので、今日は食べませんでしたが、日本人にはうれしい町だと思います。
しょうゆと白いごはんと日本茶がほしくなります。
バスのスケジュールのせいで、リスボンに戻ってきたのが午後8時40分。
今日も遅くまでうろちょろしてました。(疲れがたまる一方だ)

Posted on 2009/07/17 Fri. 07:22 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記(現地編)

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 2

17

ポルトガル旅行記 現地速報編(3) 7月15日その2 

昨日は疲れて更新する気力がありませんでした。
なので、1日遅れでUPです。
が、簡単に写真のみ。

サン・ジョルジェ城からの眺め
写真中央に見える橋が4月25日橋。
左に見える白い像はクリスト・レイ(巨大なキリスト像で、ブラジルにあるのと同じ)
景色


-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/17 Fri. 07:03 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記(現地編)

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 2

17

ポルトガル旅行記 現地速報編(3) 7月15日 警察に行ってきた 

私のお間抜けな行動により、ご心配おかけしました。
今日はめちゃくちゃ暑くて観光してたら疲れたので、いったんホテルに戻ってこの記事を書いてたんですが、無線LANの調子が悪くいったん中断して、夜ご飯食べてきました。
今日の午前中に警察へ行って被害届けを出してきました。
つたない英語で何とか説明をして証明書を出してもらえました。
帰国したら保険の申請をします。
が、このデジカメを買ったときの領収書があるかどうか・・・。
その証明書がこれ↓(個人が特定できる箇所は一応手を加えてます。多分読めないと思うけど)
police report

完全に気持ちが吹っ切れたわけじゃないんですが、今日一日観光していたらだいぶ気持ちも落ち着いてきました。
月日がたてば、ネタとして笑える日もくるんじゃないかと思ってます。
-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/16 Thu. 01:55 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記(現地編)

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 2

16

ポルトガル旅行記 現地速報編(2) 7月14日その3(とりあえず写真) 

せっかく楽しみにしてもらっているのに、暗い日記のままだと申し訳ないので、とりあえず写真を。
意気消沈してるせいもあって、あまり撮ってませんが。

ベレンの発見のモニュメント
携帯で撮ったもの(この近くでスリにあった)
belem

リスボンといえばトラム(スリが多いので気をつけましょう)
tram


-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/15 Wed. 08:26 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記(現地編)

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 3

15

ポルトガル旅行記 現地速報編(2) 7月14日その2 

う~~~、ショックです。
やられてしまいました。
デジタルカメラ、盗まれました。去年の年末に買ったばかりなのに。
ベレンにあるエッグタルトの目の前の電停で電車を待ってたんだけど、電車が到着して乗り込んだときにかばんのファスナーがあいているのに気づいて、あわてて中を確かめたらデジカメが消えてました・・・。
電車を待っているときはかばんを抱えていたのに。
あまりのショックで気分が悪くなって、しばらく動けませんでした。
まじで吐きそうになって、そのまま倒れるかと思ったくらい。
夕食はおいしいものを食べようと思ったけど、もうそれどころじゃなく今日はもう寝るつもり。
今もちょっと気持ち悪い。
ただ、今回動画用に古いデジカメも持ってきていたので、そちらを使うことにするんだけど、せっかく撮った写真が全部なくなったのが痛い。
警察に届けても出てこないからと思って届けてないけど、証明書をもらえば保険がおりるみたい。
英語ろくすっぽしゃべれないし、どうしようかと思案中。
初日でいきなりこれだもん、思い切りへこんでしまった。
明日以降楽しめるかしら???
何だか暗い日記になってしまってごめんなさい。
あ~、それにしてもむかつくわ!!!
そして、自分の間抜けさに頭くる!!!

Posted on 2009/07/15 Wed. 05:32 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記(現地編)

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 8

15

ポルトガル旅行記 現地速報編(2) 7月14日(とりあえず編) 

本当にとりあえず編です。
30分ほど前にホテルに到着。
さすが坂の町だけあって、バス停からホテルまでの道のりのしんどいこと。
距離としてはたいしたことないんだけど、かなりの坂道で、しかも石畳。
スーツケースの車輪が壊れるかと思った。
ホテルに着いたときは汗だくだく。
地図じゃ坂の高低差なんてわかんないものなぁ。
ホテルは、とっても素敵なホテルです。
去年の夏のオープンしたばかりなのでまだ新しいし。
このPCだと写真の編集するのも一苦労なので、帰国してからホテルの写真をたんまりとお見せしたいです。
ヨーロッパのホテルにしてはエアコン完備だし。(昨日のフランクフルトのホテルは扇風機だった)
だいぶ涼んだので、今から観光にでかけます。
また夜に書きます。(日本時間だと朝になるけど)

Posted on 2009/07/14 Tue. 22:30 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記(現地編)

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 0

14

ポルトガル旅行記 現地速報編(1) 7月13日 

がーん、もうすぐで書き終わるところで全部消えちゃった…。
このホテルの無線LANってすぐ切れるんですが…。
帰国して、ちゃんとまとめるつもりですが、とりあえず現地速報版ということで。

関西空港発ルフトハンザ機でまずはフランクフルトへ。
今日はフランクフルトで滞在。
同日中にリスボンへ行けるけど、夜の9時半頃着なので無理せず今日はフランクフルトに滞在して翌日にリスボンへ移動することにした。
何故か、同日にリスボンに行くより、フランクフルトでいったん降りたほうが料金が安いという。何故?
ルフトハンザ機はいまやエコノミーでもモニターがついている。
去年利用したときも往路はついていたけど復路はついてなかったのよね。
でも、今日は不具合があって、途中でシステムが落ちていた。
私は前半は寝ていて、後半ちょっと利用しただけ。別にモニターはなくても構わない。
機内は、インフル騒動があった割にはほぼ満席。
今回は機内が寒くて、私は最後まで毛布をかぶりっぱなし。
帰りは服装をちょっと考えよう。
一応、前日関空のユニクロで買ったカーディガンも羽織ってたんだけど寒かったよ〜。

lufthansa
-- 続きを読む --

Posted on 2009/07/14 Tue. 04:44 [edit]

category: '09 ポルトガル旅行記(現地編)

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 5

14

いってきます 

今、ホテルの部屋です。
もうすぐ、チェックアウトします。
いい天気です。
まずはフランクフルトへ向けて出発です。
現地でネットに繋げることができたら更新します。
もし、だめだったら帰国後になります。
では、いってきま~す!

Posted on 2009/07/13 Mon. 08:33 [edit]

category: 旅行

thread: ヨーロッパ旅行記  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 3

13

ポルトガルへ 

出発は月曜日なんですが、ポルトガルへ行ってきます。
明日の午後には前泊のため大阪へ移動します。
何故ポルトガル?ポルトガルって何があるの?と聞かれてしまう国。
フランス、イギリス、イタリアなんかと比べると地味だもんねぇ。
でも、ず~~~~っと前から行きたかったのよ。
多分、何か雑誌の記事を見たからだと思うんだけど、オビドスの美しい風景や、リスボンを走る黄色いケーブルカーやトラム、茶色い町並み。
食事もシーフードがおいしくて、いわしの塩焼きが名物で、ちょっと前にはやったエッグタルトのおいしいお店もあって大人気とか。
ヨーロッパ最西端のロカ岬に行って、証明書ももらいたい。
部屋をごそごそ探したら、一昔前のポルトガルのガイドブックが見つかった。
なかなか行く機会を逃してやっと、やっと行くことができるよ~。
でも、実はこの旅行に行くまでにいろいろあったのよ。
例のインフルエンザ騒動で、本来なら先月に行く予定だったんだけど、状況が好転することを願って、高い手数料を払って今月に延期したものの、結局状況は変わらず。
行けることは行けるけど、帰国してから一週間は自宅待機で出勤できないのだ。
そんなわけで、今月はほとんど仕事しない私。
その分、今日はがんばって仕事してきたけどね。
春先にネットブックを買ったので、現地でうまくネットに繋げられたら、現地からブログの更新をするつもり。
無線LANの使用はタダのホテルだけど、うまく繋がるかどうかは不明。
さて、準備がまだできてません。
もう、時間がないよ。早くせねば!

12年前のガイドブックと、今回買ったガイドブック。
古い方は通貨単位がエスクード。もちろん、これは持って行きませんけどね。
portugal

Posted on 2009/07/11 Sat. 22:28 [edit]

category: 旅行

thread: 旅の情報・準備  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 8

11

スパム 

最近、メインのアドレスにやたらスパムが多くてぶち切れそう!!
今日なんて、帰宅してメールチェックしたら、いきなり十数通同じアドレスから、出会い系のスパムがずら~~~~~。
拒否してるのに何で受信しちゃうんだろう?
出会い系サイトなんて覗かないし、ましてや登録なんてしたことないのに。
検索してみると、本当かどうかわからないけど、楽天で買い物したら急にスパムが来るようになったという人が結構いて驚いた。
楽天なら私もよく利用している。
しかも、ここはメインのアドレスを登録している。
とりあえず、ここの登録アドレスはサブのアドレスに変更。
スパムの中には、私の名前がフルネームで件名に書かれているものがあるので、間違いなく個人情報が漏れているのは間違いない。
あまりにひどいので、さっきアドレスの変更の申請をしてきた。
せっかく気に入ったアドレスだったのに。
誰だよっ、個人情報漏らしたやつは!!

Posted on 2009/07/08 Wed. 23:03 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 4

08

田代島の猫 

今日のYahooのトップページにあった記事の
三陸沖に浮かぶネコの楽園~宮城・田代島のいま
リンク先をたどっていくと、かわいい猫がいっぱいの写真が!!!
特にこの写真この写真がたまりません。
「おばちゃん、早く餌くれにゃ~!ねこ~」と言ってるよう。
この仁義なき戦いもいい!
でも、ネットで広まっちゃうと、ここに猫を捨てに来る心ない輩が出てくるんじゃないかとちょっと不安になったりして。
猫が増えすぎて、島民たちに迷惑をかけるようになって処分されるようにならないことも祈るばかり。
ちょっと遠いけど、こんなにたくさんの猫に会えるなら行ってみたいなぁ。

Posted on 2009/07/05 Sun. 22:24 [edit]

category:

thread:   -  janre: ペット

TB: --    CM: 3

05

アイシアフォトコンテストにエントリーしてみた 

6月30日の日記に書いたアイシアフォトコンテストにエントリーしてみました。
人には勧めておきながら、実はちゃんとサイトを見てなかった私。
そんな中、ゆぅさんゆぅさんが早々と姫君をエントリー。
人に勧めておきながら、私が何もしないのはどうなのよ!というわけで、というよりも、応募者全員プレゼントに釣られてエントリーしてきました。
手もちの写真にいいのがなくて、ぶれずに撮れてるのがなぜか変顔ばかり。
まあ、美猫じゃないし、変がお・おもしろポーズのジャンルにエントリーしちゃいましたよ。
その写真がこれ
クリックするのは、こっちのページかな。
ゆぅさんちのユールちゃんは、こっちのページ。
クリックしてもらえれば嬉しいです。
お次はカンコロさんの番ですよん。

Posted on 2009/07/04 Sat. 17:15 [edit]

category:

thread:   -  janre: ペット

TB: --    CM: 7

04