07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

ドレスデン旅行記 6~7日目 

10月26日・27日(水)(木)6~7日目 あとがき
日本へ向けて帰国。多分、特にこれといったものはなかったと思う。
ドイツは好きで何度か訪問しているけれども、旧東ドイツ側へ行ったのはこのときが初めて。一般市民が住んでいるアパートなどはそっけなくて、共産圏のにおいを感じないこともなかったけど、それ以外は特に旧東側と感じることはなかった。
ただ、やたらめったら工事をしていて、その辺が西側と違うところなんだろうなと思ったくらい。
今度は、クリスマスマーケットを見にドレスデンに行きたいなぁ。もう工事中は嫌だ。

帰りの飛行機で買ったテディベア
当時はラスベリー社のものだったけど、今はシュタイフになってるらしい。
次回搭乗したら買わなくっちゃ。
d54.jpg

というわけで、ドレスデン旅行記はおしまいです。

Posted on 2011/01/22 Sat. 15:40 [edit]

category: '05 ドレスデン旅行記

thread: ヨーロッパ旅行  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 0

22

ドレスデン旅行記 5日目 

10月25日(火)5日目
翌日は帰国のため実質最終日。この日は日記をつけてないので記憶が本当に曖昧。
行ったところはバッハで有名なライプツィヒ。ドレスデンから列車で1時間と少々。窓口でつたないドイツ語で切符を買ったのはいいが値段を聞き取れず、窓口のおばちゃんに紙に書いてもらう羽目に。数字の聞き取りって簡単そうで意外に難しいんだよね。
ライプツィヒもドレスデン同様、駅前が絶賛大工事中!

駅前の様子。この写真を見ると工事なんてしてなさそうだけど、反対側は大工事中なのでありました。
d47.jpg

ニコライ教会
写真が残っているものの、全く記憶がない・・・。
東西ドイツ統一へのきっかけとなったのがこの教会だそうで、毎週月曜日にここで行われていた祈祷集会が民主化要求でもへと発展していったとのこと。
d48.jpg

旧市街までは徒歩で10分少々だったと思う。そんなに大きな町ではない。ここのメインはバッハがオルガン奏者として働いたトーマス教会。ステンドグラスがとても美しく、このステンドグラスにはルターとバッハが描かれています。写真は全部ピンボケでうまく撮れませんでした。と同時にデジカメのバッテリーが危うい状態になり、写真を撮るのも控えめになってしまったために余計に記憶がなかったりする・・・。

トーマス教会前のバッハ像
d52.jpg

-- 続きを読む --

Posted on 2011/01/22 Sat. 15:11 [edit]

category: '05 ドレスデン旅行記

thread: ヨーロッパ旅行  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 0

22

ドレスデン旅行記 番外編 

うーさんから質問があったので、ヒルトンホテルのタオルの写真をUPしてみた。
うーむ、これじゃわかんないですね。
タオルよりも、アメニティがしょぼいなと思ったんですよね。
この間泊まったグランパシフックのアメニティの方が何倍もいい。



右側の細長いのがシャンプーとかボディシャンプーの類。
あちらのホテルってトリートメントとかリンスって何故かないですよね。
d45.jpg

Posted on 2011/01/09 Sun. 22:34 [edit]

category: '05 ドレスデン旅行記

thread: ヨーロッパ旅行  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 2

09

ドレスデン旅行記 4日目 

10月24日(月)4日目
この日は何をしたのかわからないほど時間を無駄に過ごした一日。
前日と違って寒い日で、傘とカーディガンを持って外出。(前日の雨に懲りた)
まずはノイシュタット(新市街)へ行ってみる。
エルベ川を渡りきって左手に歩いていくとJapanisches Palais こと日本宮殿なるものが見えてくるが、どこが日本宮殿なのかイマイチよくわからない。ガイドブックを見ると、東洋風の屋根や切り妻壁の装飾からそう呼ばれたとは書いてあるが。工事中だったため詳しいことはよくわからず。ここに限らず、この年のドレスデンは翌年の建都800年&サッカーW杯に向けて町中が工事だらけなのでありました。
このあと、教会やらKunsuthof-PassageやらMarkthalleやらに行くが、行ったのが早かったせいかほとんどのお店が開いていないという・・・。私、疲れてた割には早く行動してたのね。

日本宮殿近くの公園
d25.jpg
日本宮殿
全然日本らしくないけど。写真がこれ一枚しかなかった・・・。
d26.jpg

アウグスト2世の金ピカ像
d27.jpg

再び橋を渡って旧市街側に戻る。初日に行かなかったツヴィンガー宮殿の陶磁器コレクションを見に行ったらこの日はお休み。ううっ、初日に見ておけばよかった。マイセンのコレクション見たかったのに残念。
お土産を買っていなかったので、再びKarlstadtへ。この店は道路を挟んで向かい側にスポーツ館があり、ここで翌年のドイツW杯のグッズが売られていて、ゴレオ君のぬいぐるみを買う。これを作った会社って倒産しちゃったんだよね。ゴレオ君、可愛くないとかパンツはいてないから卑猥だとか言われて人気なかったのが原因って聞いたけど。

ツヴィンガー宮殿
d29.jpg

d30.jpg

柱の彫刻
d31.jpg

面白い顔だったので撮ってみた
d32.jpg
-- 続きを読む --

Posted on 2011/01/09 Sun. 15:41 [edit]

category: '05 ドレスデン旅行記

thread: ヨーロッパ旅行  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 0

09

ドレスデン旅行記 3日目 

10月23日(日)3日目
前日、歩きつかれたらしく朝はゆっくりと眼を覚ます。この日はマイセンへの日帰り旅行。
日曜日のせいか人も少なく静か。天気もいいしあまり寒くない。
ドレスデンからマイセンまでは列車で約40分。車窓からはマラソンをしている人たちの集団が見えた。この日は「ドレスデン・マラソン」が開催されていたらしく、そうと知っていれば沿道で応援したかった。

中央駅に行く途中に見かけた馬のオブジェ。
翌年の建都800年の日までをカウントダウンしています。あと69日と14時間24分38秒。
dresden

バウムクーヘンの老舗のクロイツカム本店
オープン前ですが、オープンすると店外にカフェができます。
食べたかったんですが、いつも満席で諦めました。
dresden

ドレスデンからマイセンに向かう車窓から
ドレスデンマラソンに参加している人たちの集団
dresden
-- 続きを読む --

Posted on 2011/01/03 Mon. 15:13 [edit]

category: '05 ドレスデン旅行記

thread: ヨーロッパ旅行  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 4

03

ドレスデン旅行記 2日目 

10月22日(土)2日目
昨晩遅く寝た割には、午前7時という朝早く起床。旅に出ると疲れてても早く目が覚めちゃうのよね。やっぱり緊張してるんだろうな。
朝食はホテルで取ったんだけど、実はヒルトンは朝食は別料金。19€は高いです。確かに種類はたくさんあっておいしいけど、朝からそんなに食べられないし、普段朝からハムやチーズなんて食べないもんね。絶対元取れてない朝食。でもそれなりにもりもり食べた貧乏性の私。

この日はドレスデン市内観光。
まずはフラウエン教会から。20世紀世界最大のパズルといわれたこの教会は、第二次大戦で破壊され、そのままになっていたものを1994年から修復工事が始まり、この年に完成。瓦礫に埋まっていた石材を、できるだけ元の位置に再利用するようにしたためところどころ黒くなっている部分がある。すごい労力がかかっている復興のシンボルです。
私が帰国して一週間後に完成式典が行われました。

フラウエン教会(黒部分は瓦礫の中から拾い上げたもの)
dresden

ブリュールのテラス(エルベ川沿いの遊歩道)
dresden

真ん中の奥に見える背の高い建物がフラウエン教会
dresden

カトリック宮廷教会
dresden

カトリック宮廷教会の内部
dresden

-- 続きを読む --

Posted on 2011/01/02 Sun. 22:24 [edit]

category: '05 ドレスデン旅行記

thread: ヨーロッパ旅行  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 0

02

ドレスデン旅行記 1日目 

10月21日(金)1日目
いきなり飛行機の出発時間が遅れる。9:30発が10:10発へ。しかし実際に離陸したのは10:50頃。前年のウィーン旅行でも飛行機が遅れて、乗り継ぎ便に間に合わなかったこともあり、いや~な予感。
ちなみに機内はガラガラで、客室乗務員が開いてる席へ移ってもいいわよ!というので、私は真ん中の4人がけの通路側に移動。
するとそこへドイツ人のおばちゃんが席を移動してきて、1人で3席を確保するという、腹の立つことをやってくれました。でも、何もいえない小心者の私。
飛行機は現地時間の16時過ぎに到着するが、ドレスデン行きの飛行機は16:35発。巨大なフランクフルト空港で、この乗り継ぎ時間は非常に厳しい。地上係員に尋ねると、大丈夫ですから急いでくださいと言われ、搭乗ゲートまで走る走る。
しかし、搭乗ゲートは一番遠い端っこだったのよ。信じられん。でも、何とか間に合って(というか待っててくれた)、搭乗したらどうやら私が最後の客だった模様。私のせいじゃんないんだからねっ。飛行機が遅れたんだからねっ!と心の中で声をつぶやく。


約40分でドレスデンに到着。ここでいや?な予感が的中してしまう。
そう、荷物が出てこなかったのだ。出てこないなぁ?と思いながら待っていると、係りのお姉さんが「フランクフルトからの荷物はこれで全部よ。ない人はバゲージ・クレームへ行ってね」とのたまうではないですか。
人間は飛行機に間に合ったけど、荷物は乗り継ぎ失敗。私のほかにも4,5人荷物がない人がいたんだけど、小さい飛行機だったのにこんなに荷物がない人がいるなんて。
バゲージ・クレームへ行くと、私の荷物はまだフランクフルトにあって、今日の最終便でドレスデンに到着するので、それからホテルへ運んでくれるという。多分夜中の12時ごろになるわよとのこと。うっそ~ん。お詫びとして、お泊りセットをもらった。

d01

-- 続きを読む --

Posted on 2011/01/02 Sun. 18:52 [edit]

category: '05 ドレスデン旅行記

thread: ヨーロッパ旅行  -  janre: 旅行

TB: --    CM: 2

02