05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ねこじゃらし

明日は明日の風が吹く  

Fantasy on Ice 2018 in KOBE に行ってきました 

アイスショーよりコンペ派の私は、あまりアイスショーには行かないんですが、昨日(6月16日)にすごく久しぶりにアイスショーへ行ってきました。
多分、5年ぶりくらいかな?
今回はアイスクリスタルにSS席を申し込んだらあっさり当選。
申込み時点では、羽生君の出演は未定だったせいもあったからかも。
今回行こうと思ったのは、プルシェンコが出るから。
他に、バトル、ランビエール、ジョニーとFaoiではおなじみのスケーターだけど、私の好きなスケーターばかりだし。
アイクリ席は当日引き換えなので席が全く分からず。
チケットを引き換えたら、アリーナという文字が。しかも4列目。
ん、待てよ、私スタンド席を申し込んだはずなのになぜなんだ?と思ってたんですが、どうやらSS席はアリーナ席だったようで。
アリーナ席はパイプ席だし死角が多いからスタンド席派なんだけど、これはこれで良い席なのでまっいいか。
開演前に撮った写真ですが、このようにショート側のステージが真ん中に見える席。
スケーターたちがステージ側からずんずんと目の前まで滑ってくるという迫力を味わえる席でした。

-- 続きを読む --

Posted on 2018/06/17 Sun. 23:53 [edit]

category: フィギュアスケート

thread: フィギュアスケート  -  janre: スポーツ

TB: --    CM: 0

17

第381回定期演奏会&公開練習にも行く 

6月8日(金)
広島文化学園HBGホール
指揮:カーチュン・ウォン
フルート:カール=ハインツ・シュッツ

ザンドナーイ:フルートとオーケストラのための夜想曲
モーツァルト:フルート協奏曲第1番ト長調
チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調

アンコール:
オネゲル:牝山羊の踊り(ソリスト)
ドビュッシー:シランクス(ソリスト)
チャイコフスキー:眠れる森の美女~ワルツ
18035.jpg

昨年末、今シーズンのプログラム発表があった時からこの日をとても楽しみに待ってました。
というのは、ウィーンフィルの首席奏者のカール=ハインツ・シュッツさんの演奏を再び広島で聴くことができるからです。
3年前の夏、アンサンブル・ウィーン=ベルリンのコンサートで初めてシュッツさんの演奏を聴いて、あまりの音色の美しさにファンになってしまいました。その時の記事はこちら→
2年前のウィーンフィルの来日公演の時も広島に来られたし、去年のウィーン国立オペラ座でオペラを観たときも、どうやら演奏されてたようです。
シュッツさんの姿を探したけど見当たらなかったんですよねぇ。でもライブビューイングを観たら映ってた。何故気づかなかったのかは謎。
そんなこんなで、とにかくこの日を楽しみに待ち続けました。

で、広響の定期演奏会は演奏会前の3日間のリハーサルを市民に無料で公開しております。
ソリストは最終日に入ることが多いため、私は演奏会の前日も休みを取って観に行ってきました。
午前10時半から練習開始なんですが、10時20分頃に到着すると既に結構な人が並んでまして、客席も見る見るうちに満席に近い状態に。
アステールプラザのオーケストラ等練習場という小さなホールなんですが、見学者は3階の客席から見下ろす形で、団員の後ろ側から見学するようになります。
普段の演奏会とは反対方向から見るようになるので、新鮮な感じでした。
指揮者のカーチュン・ウォンさんはシンガポール出身の若手指揮者で、この一ヶ月日本のあちこちで指揮をされたんですが、かなりの評判のいい方で、どんな指揮をするのか楽しみにしてきました。
カーチュンさん、基本は英語で話をされるんですが日本語も堪能なので、英語と日本語のちゃんぽんで熱く指導をされます。
小柄な方ですが、指揮をされるときは全身を使って、熱いこと熱いこと。
時々出てくる日本語も、なんだか長嶋茂雄さんのような感じだなぁと思いつつ見学しました。
ど素人の私がみても、この方の演奏会はきっといい演奏会になるだろうなと感じるほど。
去年のウィーンのコンサートで観たラハフ・シャニさんが、お気に入りの若手指揮者だったんですが、カーチュンさんも加わりました。
午前中は、チャイコフスキーの交響曲とアンコールの練習。
アンコールの練習といえども、手を抜かず、ビシバシとダメだしを出すんですが、決して尊大な態度でないところが好感もてました。
-- 続きを読む --

Posted on 2018/06/10 Sun. 21:57 [edit]

category: 音楽

thread: クラシック  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 0

10

ありがとう西城秀樹さん 

先日、西城秀樹さんが亡くなりました。
特にファンだったわけではないですが、地元広島を代表する大スターで、新御三家の中ではやはりヒデキが一番好きだったかな。
リアルにヒデキが大活躍している時代を生きてきたので、今回の訃報はとても悲しいです。
リハビリをされていたのは知ってましたが、亡くなるなんてこれっぽっちも思ってなかったし。
早すぎますよね…。

地元では号外も出ました。
18034.jpg

クラスメイトに、ヒデキの大ファンの子がいました。
当時、ザ・ベストテンの中継がヒデキの出身の中学校であるということで、その子がヒデキのバックで踊ることになったそうなんです。
彼女、スクール・メイツに入ってたと思います(この辺は記憶が曖昧)
テレビの前で中継が始まるをワクワクしながら見てたんですが、結局彼女は踊ることなく中継終了。
なんでも直前に踊るのがボツになったとか。理由はわかりませんが。
この中継、ヒデキの後輩である奥田民生さんは見に行ったとめざましテレビを言ってたのを見たことがあります。
ちなみに、めざましテレビの司会者の三宅さんもこの中学校卒業されており、3人とも同窓生。
三宅さんは見に行かなかったそうです。
この中継はヤングマンだったと思いますが、この曲もいろいろ思い出があります。

中学の修学旅行で各クラスで夕食の時に出し物をやったんですが、私たちのクラスは、ザ・ベストテンをやりました。
私たちの班はジュリーのカサブランカ・ダンディをやったんですけど、最後にクラス全員で今週の第1位ヤングマンということで、全員で舞台でヤングマンを歌って踊りました。
また、クラブ活動(私はバトン部所属)か体育祭の応援団かどちらかでヤングマン踊りました。
そして、クラスマッチのバレーボール大会では、選手以外は応援に回ったんですが、ホップ・ステップ・ジャンプを踊りました。
それくらい私の青春時代にヒデキはたくさんの思い出を作ってくれました。

そういえば、当時、ヒデキのお兄さんが荒神陸橋(広島人ならわかるけど、広島駅にほど近い場所・ヒデキの実家の近く)の下に喫茶店を開いてまして、ヒデキファンのクラスメイトも何度か行ってたみたいです。
お兄さんもハンサムでしたよ(実物は見てないけど、当時雑誌で見た記憶あり)
-- 続きを読む --

Posted on 2018/05/20 Sun. 16:21 [edit]

category: 音楽

thread: 音楽  -  janre: 音楽

TB: --    CM: 2

20

GW終わりました 

あっという間にGW後半が終わってしまいました。
5月4日に広島県立美術館へパリジェンヌ展を見に行ってきました。
連休中の割にはすいてました。
「パリジェンヌ」という響きは女性にとっては憧れでもあります。
絵画でパリジェンヌのファッションの変遷を振り返ってみようという展示会で、絵画の他にもドレスの展示もありました。
いつの時代も、パリジェンヌたちはおしゃれです。
日本人の方がいいものを着てるんでしょうが、パリジェンヌたちは安い服を着ててもおしゃれに見せるのが上手いですよね。
って、話がそれましたが。
予想外によかったので、思わず図録もお買い上げ。
現代のファッションもおしゃれですが、中世の頃のドレスも素敵で、一度着てみたい。


金欠なので、今回は図録だけ
18029.jpg

図録チラ見せ
このドレスは実際に展示してありました
会場が薄暗かったので、こんなに明るいドレスじゃなかったですけど
個人的にこういうの好みなので着てみたいです
18030.jpg
-- 続きを読む --

Posted on 2018/05/06 Sun. 21:51 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 0

06

ねこの京都展 

GWの前半は今日で終了。
私は暦通りの勤務のため、明日はお仕事。
3連休は初日のみ、岩合光昭さんの「ねこの京都」展へ行ってきました。



テレビでは既に放送済ですが、つくづく日本って美しい国だなぁと写真展を見て思いました。
猫がかわいいのはもちろんなんですが、四季折々の京都の景色の美しいこと。
また、その景色に猫が文字通り絵になること。
どの季節も、その季節なりの美しさがあり素敵な写真ばかりでした。
-- 続きを読む --

Posted on 2018/04/30 Mon. 22:57 [edit]

category: 日記

TB: --    CM: 0

30

 

ぼーっとしてたら、ブログのトップに広告出てました。
一ヶ月放置してると出てくるのよね。
で、いまさらですが桜の記事。
今年は本当に早かったですね。あっという間に散っちゃいましたよ。
寒の戻りがあったから、今日あたりまで大丈夫かと思ってましたが、広島では開花宣言が出た後に一日も雨が降らず、気温も高い日が続いたのであっという間に満開。
開花宣言が出てから雨が一日も降らなかったことは過去10年間で初めてだそうです。

で、広島の桜の名所といえばいろいろありますが、フォトジェニックというか今風に言うとインスタ映えする場所が縮景園。
3月30日に行ってきました。
ここは桜と紅葉の時期は夜間ライトアップしてます。
デジ一持った人たちがたくさんきてましたね。
先日の梅を見に行ったときもそうでしたが、昼間ならまだしも夜間で三脚立てての撮影はマジ勘弁して欲しいですね。
道幅の狭いところが多いし、暗くて見えないから足を引っ掛けそうになるんですよ。
暗いから三脚立て方がきれいに撮影できるのはわかるんですけど。

-- 続きを読む --

Posted on 2018/04/08 Sun. 13:53 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 0

08

ミュシャ展 ―運命の女たち― へ行ってきた 

昨日は、休みを取って朝もはよからひろしま美術館へミュシャ展を見に行ってきました。
オープンして間もない時間帯だったので、館内はすいてました。
ミュシャは人気があるので、土・日だと絶対混んでいるので、あえて平日に休みを取って行ってきたわけです。
昨年、呉市立美術館でもミュシャ展があって、そちらも見てるんですが、そちらの方が作品数は多かったですね。
リトグラフ以外にも、お菓子の缶とか切手とかいろんな種類のものがあったし。
今回は素描作品が多め。
それはそれでよかったですけどね。
企画展を見た後は、必ず常設展も見て帰るんですが、先日より常設展の一部作品も撮影可能になりました。
なので、私の大好きなシダネルの「離れ屋」の写真を撮って帰りました。
この絵、大好きなんですよねぇ。
バラに囲まれた家の中の灯りが何とも言えない雰囲気を醸し出してます(写真左下)
18021.jpg
-- 続きを読む --

Posted on 2018/03/07 Wed. 20:20 [edit]

category: 日記

thread: 日記  -  janre: 日記

TB: --    CM: 0

07